search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 『ブス恋』13年ぶりリメイク! ヒロイン役も設定も芸人じゃない? 炎上の心配は

『ブス恋』13年ぶりリメイク! ヒロイン役も設定も芸人じゃない? 炎上の心配は

pic pic

EXILE・NAOTO

 ドラマ『ブスの瞳に恋してる』が、13年ぶりにドラマ化されることがわかった。『ブスの瞳に恋してる 2019』と題し、EXILEのNAOTOが主演、相手役のヒロインは富田望生が務め、FODで配信される。

 同作は、放送作家の鈴木おさむによるエッセイ『ブスの瞳に恋してる』(マガジンハウス文庫)が原作となっている。鈴木がモデル美女と別れ、森三中の大島美幸と電撃婚を果たすまでを記したストーリーだ。2006年にフジテレビ系でドラマ化され、主人公を元SMAPの稲垣吾郎、モデル美女を“エビちゃん”こと蛯原友里、妻役は大島のトリオメンバーの森三中の村上知子が務めた。脚本は元ジョビジョバのマギーが務め、ラブコメディドラマとして高い人気を博した。

 今回は、設定を声優業界に移し、美人の彼女がいる人気イケメン声優を演じるNAOTOに、密かに恋心を寄せる声優のタマゴを富田が演じる。前作同様のアットホームなストーリーとも言えそうだが、タイトルに入った「ブス」の言葉は物議を醸し出しそうだ。

 「13年という期間は、やはり『コンプライアンス強化』が一つのキーワードであると言えますから、ブスというキーワードに敏感なネット民も多そうですね。今年1月にスタートした、相席スタートの山崎ケイ原作によるドラマ『ちょうどいいブスのススメ』(日本テレビ系)が放送前から大炎上し、『人生が楽しくなる幸せの法則』なる無難過ぎるタイトルに変えられたのは、よく知られています。ただ、山崎の場合は、一定枠の女性を『ちょうどいいブス』と普遍化したタイトルが問題となったわけですので、『ブスの瞳〜』は個人間の男女の印象であると釈明はできそうですが……」(業界関係者)

 ネット上でも「同じタイトルで行くってことはスタッフに覚悟もあるんだろうな」「変な言い訳をつけないで、いい話にして欲しい」「そもそも地上波放送できなかったのはそういう理由?」といった声も聞かれる。果たして、どういった反応となるのか引き続き注目して行きたい。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ