「謝罪の言葉があっていい」東国原、石野卓球への発言弁明もさらに批判 “本人でもないのに”の疑問が拍車

芸能ニュース 2019年04月08日 12時50分

「謝罪の言葉があっていい」東国原、石野卓球への発言弁明もさらに批判 “本人でもないのに”の疑問が拍車東国原英夫

 元宮崎県知事の東国原英夫がツイッターで、金曜レギュラー出演している情報バラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)での自身の発言について改めて発言した。

 東国原は5日放送回で、コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴され4日に保釈されたミュージシャンで俳優のピエール瀧被告の事件について、電気グルーヴの相方・石野卓球がこれまで一度も謝罪せず、事件を茶化すようなツイートを繰り返していることについて言及。「社会人としてちょっと常識的な文言があっての電気グルーヴのイメージを大切にするっていうのは分かるんですが、いきなり電気グルーヴのあのイメージでやっているので、電気グルーヴを知らない人たちが見た時に“この人、社会人として大丈夫なのか”っていう目で見られるっていうことを自覚されているのか心配」と話していた。

 同番組では、先月25日放送回でもMCの坂上忍や出演者たちが、石野が謝罪しないことを責めるようなコメントをしていたということもあり、東国原の発言に批判が殺到する事態に発展していた。

 そんな中、東国原は6日にツイッターを更新し、『バイキング』での発言について「少々補足的説明をさせて頂きます」と前置きし、自身の立場について「親友・同志・相方のピエール瀧氏が反社会的行為に及んだ今回の事件・事実に対し、何らかの謝罪の言葉があって良いのでは無いか」「自分が近くに居て、ピエール瀧氏の反社会的行為に気付いてやれなかった。防止する事が出来なかった事への反省の弁」などのコメントをしてしかるべきという立場を取っていることを説明。番組内での発言は、あくまで「言論の自由の範囲内」とした。

 また、7日にも再びツイッターを更新し、「僕は、特に刑事事件等に関わる事案に関しては、コンビ・グループ・近しい関係者等の『何らかの謝罪・説明等があって然り』という立場です」と改めて表明。「過去の事例、コンビで言うと『やすきよ師匠』(中略)最近では『純烈』や『TOKIO』等はコンビの相方やグループのメンバーが謝罪・説明をしました。特に、『TOKIO』のメンバーの会見は、表現は変ですが、歴史に残る素晴らしい『謝罪・説明会見』だったと思います。繰り返しになりますが、著名人・有名人の不祥事の際、公の場で謝罪・説明をするかしないかは飽くまで本人や関係者等の判断です」とつづっていた。

 しかし、メンバーの個人的な不祥事でメンバー全員が謝罪することについては、以前から疑問の声が上がっていたこともあり、このツイートについても、「自身が罪を犯して謝罪ならともかく、仕事相手の不祥事で謝罪する意味が分からないという疑問に答えてない」「ファンが謝罪を求めてないんだから別に謝罪しなくていいでしょ」などという声が殺到。さらに炎上する事態になっている。

 炎上の火に油を注ぐ結果となってしまった今回のツイート。今後の東国原の発言にも注目が集まる。

記事内の引用について
東国原英夫公式ツイッターより https://twitter.com/higashi_kokuba

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る