全国初の「女性向けソープ」閉店で分かったソープ・ボーイの“生き地獄”

社会 2007年11月01日 15時00分

全国初の「女性向けソープ」閉店で分かったソープ・ボーイの“生き地獄”

 全国初として話題になった女性向けソープランド「CC.Club」(福岡・中洲)が、10月28日に閉店した。同店は今年2月にオープン以来、“性の多様化の象徴”として話題になり、全国から女性が来店した。
 サービス内容は男性用ソープランドと同じ。個室にベッド、風呂があり、“ソープ・ボーイ”が女性に「癒やしのサービス」をするというもの。
 「料金は90分、3万円(延長30分、1万円)という価格設定でした。オープン直後から全国の女性から問い合わせが殺到し、実際、全国の女性がご来店下さいました。30代が一番多く、20代から50代と幅広い年齢層です。東京や大阪からも毎月のように訪れる女性もいたんですが…」(同店関係者)
 オープン当初は大繁盛だったのに、なぜ閉店なのか。地元や近隣の女性に敬遠されたようだ。
 「そりゃ、女だってソープに行ってイケメンのホストにサービスしてもらいたいですよ。でもね、お店が中洲の風俗街のど真ん中にあるため、地元の女性は人目を気にして行かないわけよ。お店が郊外にあったら、私も行ったかも知れないけどね。やっぱり、恥ずかしいわよ」(中洲のスナックのママ)
 結局、店側としても「県外からのお客様が主体という傾向が明らかで、地元の女性のリピーターが定着しなかったために、見切りをつけたようです」(風俗ライター)。
 また、1人で多数の女性を相手にする“ソープ・ボーイ”の体力にも限界があったようだ。

 前出の風俗ライターの話。
 「男は射精したらスッキリという感じですが、女性は精神面での癒やしや心の交流を強く要求するようで、フィーリングが合えば毎回同じホストを指名するようになってしまったそうです。なので人気ホストには仕事が集中してしまう。しかし、ホストは体力的に限界がありますから、せいぜい1日3人の女性を相手にするのがいいところでしょう。バイアグラを飲みながら頑張っても、体がボロボロになってしまってはねぇ。それこそ、20代から50代の女性を相手にしなければならないわけで、そりゃ、“生き地獄”ですよ」
 このため、同店では人気ホストはホームページに写真を公開せず、店頭写真のみにするなど工夫をこらしたという。しかし、男には「射精」という生理現象がつきまとうために、体力的な限界がネックになったという。
 なお、同店は11月以降、同じ場所で、今度は男性向けのマットヘルス店「人妻倶楽部Lady Lady」として再出発するという。
 「ソープ嬢から自腹で“舌技”などのテクニックを学んだ“ソープ・ボーイ”は、今後、ホストクラブなどに転職するそうです」(前出・風俗ライター)

ピックアップ
社会新着記事

〈企業・経済深層レポート〉 ソフトバンク15年ぶりの赤字転落 孫正義会長が墓穴を掘った倒産要因
2019年12月11日 06時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る