search
とじる
トップ > 芸能ネタ > “ブスババ抜き”のユーチューバー、また炎上狙いの煽り動画で批判集中? ファン辞め宣言も続出か

“ブスババ抜き”のユーチューバー、また炎上狙いの煽り動画で批判集中? ファン辞め宣言も続出か

 炎上を続けていたユーチューバートリオ「へきトラハウス」が自身のユーチューブチャンネル上に謝罪動画をアップしたものの、ファンからも呆れ声を続出させる事態になっている。

 今月16日、『第2回 振り返りブスババ抜きゲーム!!!』というタイトルで街行く女性の後ろ姿から様子を判断し、声を掛けて振り返ったところで「美人」か「ブス」かを判定する動画をアップしていた「へきトラハウス」。内容はもとより、動画の中でメンバーが女性に対し、「出しちゃいけないレベルのブス」「10代の時に中絶してる」などの感想を述べ、炎上する事態になっていた。

 その後、「へきトラハウス」は当該動画を削除し、『ブスがブスにブスって言ってなにが悪い』という動画をアップ。説明文で動画の経緯について説明したものの、アップした動画そのものは「ブス顔百面相」というメンバーの顔を加工した動画で、「反省が感じられない」「炎上を煽ろうとしてるだけ?」といった更なる批判を呼んでいた。

 そのせいもあってか、動画公開から1週間以上経ってもネット上の批判は止まなかったが、27日になって「へきトラハウス」は『先日の動画について謝罪いたします』というタイトルの4秒間の動画をアップ。「視聴者の皆さん、どうもすみませんでした」と頭を下げて謝罪した。これに対し、動画のコメント欄には「ようやくだけど謝ってよかった」「シンプルなくらいの謝罪がいいと思う」といった声が集まった一方、「にやにやしながら謝罪されてもまったく説得ない」「モラルってものを持ち合わせていないの?」「謝る気ないのに謝ってる感がすごい。とりあえず謝罪したのがバレバレ」という声も殺到。中には「好きだったけど本当に嫌いになった」という“ファン辞め”宣言もあった。

 「へきトラハウス」はその後、28日に『ブスがブスって言ったらブスに呼び出されてキレられた』という動画をアップしたものの、自身らのモラルをさまざまな人物に再教育されるというネタ的な内容。ネット上からは、「炎上商法としか思えない」「炎上を利用しようとしてるんだろうけどつまらない」という声が多々寄せられている。騒動に対する誠意ない態度が多くのネットユーザーを呆れさせてしまったようだ。

記事内の引用について
へきトラハウスの公式YouTubeチャンネルより
https://www.youtube.com/user/TNS24ch/featured

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ