search
とじる
トップ > 芸能ニュース > SPEED島袋寛子「解散のきっかけは私」 意外にも大ファンだった古市氏と盛り上がる

SPEED島袋寛子「解散のきっかけは私」 意外にも大ファンだった古市氏と盛り上がる

pic pic

SPEED・上原多香子、島袋寛子、今井絵理子、新垣仁絵

 2月20日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)にSPEEDの島袋寛子が登場した。島袋のトークバラエティ番組の出演は10年ぶりとあって、何を語るかに注目が集まっていた。

 この日の放送では、今話題の社会学者の古市憲寿氏とSHELLYが、同じ1984年の学年ということで一同に介した。これにいとうあさこも加わり、古市氏の自宅マンションにおいてアツいトークが繰り広げられた。古市氏はSPEEDの熱狂的ファンだったようで、憧れの相手との対面に、いつものクールなモードとは違い笑顔を見せていた。これにはネット上で「あの古市も人間くさいところがあるんだな」「これは俺でもそうなると思う」といった声が聞かれた。

 番組では、SPEED解散の真相も語られ、島袋は「きっかけは私だったと思う」と当時の状況を話し始めた。「声が出なくなるとか、それぞれ思春期だったので思うところがあり、『このまま大人になっちゃいけない』といった焦りもあった」と振り返った。活動休止といった選択肢もあったが、「(ファンに)変な期待をもたせるよりも解散がいい」という結論に達したようだ。

 島袋は、デビュー時は小学5年生の11歳であり、メンバー最年少であった。だが、今井絵理子とともにメインヴォーカルを担当しており、プレッシャーは大きかったといえるだろう。ネット上では「いろいろとつらいものもあったんだろうな」「解散を選んだのは大きな決断だったと思う」「今でも歌手ができているのは良い人生なのでは」といった声が聞かれた。90年代末を駆け抜けたSPEEDの知られざる話が聞けた一夜となったといえるだろう。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ