search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 打倒・加藤綾子アナ フジテレビのエースの座うかがう生野陽子アナ

打倒・加藤綾子アナ フジテレビのエースの座うかがう生野陽子アナ

 今や、フジテレビのエース女子アナといえば、文句なしに、大忙しの加藤綾子アナだろう。

 12年11月に調査された「第9回好きな女性アナウンサーランキング」で、加藤アナは堂々の2年連続1位。しかも、「女性が選ぶTOP10」、「男性が選ぶTOP10」の両方で首位に立ち、異性にも同性にも好かれる女子アナだ。

 フジの女子アナでは、同ランキングで2番手に付けているのは、加藤アナの1年先輩となる生野(しょうの)陽子アナ(29)で、5位にランクインしている。後輩の後じんを排しているとあって、生野アナの心中も穏やかではないようで、巻き返しを狙っている。

 生野アナは84年5月17日生まれ、福岡県福岡市出身。福岡県立筑紫中央高等学校を経て、福岡大学法学部法律学科に入学。大学在学中の07年からタレント活動を始め、地元の情報番組で天気を担当したり、CMに出演したりしていた。

 07年4月にフジに入社。同年10月より、朝の情報番組「めざにゅ〜」にレギュラー出演。同時期には高島彩アナ(現フリー)の「アヤパン」を後継し、冠番組の「ショーパン」をもち、人気もジリジリ上昇。

 09年3月末から、「めざにゅ〜」から「めざましテレビ」(平日午前5時25分〜8時)に移り、10年10月より、高島アナに代わって、同番組のメインMCに昇格した。今も、その座を守っている。

 現在は、その他に「笑っていいとも!」(平日午後0時〜1時)の月曜日のテレフォンアナウンサー、「ぶらぶらサタデー」(土曜日午後0時〜1時30分)、「movie@home〜棚を彩る映画たち〜」(日曜日午後11時〜11時30分)にレギュラー出演中だ。

 女子アナ・ウォッチャーのK氏によると、「ライバルといえる加藤アナも、『めざましテレビ』に出演していますし、2人の競争心にはすさまじいものがあります。生野アナはルックス的にも、加藤アナに引けを取りません。今後の課題は、弱点ともいえる女性人気をどうつかむかになるのではないでしょうか」と語る。

 加藤アナとの激烈なバトルを繰り広げる、生野アナの今後に注目してみたいですね。
(坂本太郎)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ