『まだ結婚できない男』、続編に否定的だったファンからも好評?「本当の桑野さんが戻ってきた」の声も

芸能ニュース 2019年11月20日 18時00分

『まだ結婚できない男』、続編に否定的だったファンからも好評?「本当の桑野さんが戻ってきた」の声も阿部寛

 火曜ドラマ『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)の第7話が19日に放送され、平均視聴率が8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが各社で報じられている。第6話の8.9%からは0.4ポイントのダウンとなってしまった。

 第7話は、桑野(阿部寛)が住宅ではなく、店舗デザインを依頼されるというストーリー。今ある店舗を建て替え、新しい店にするという構想を依頼主・大島(岡部たかし)から相談された桑野だが、現在の店舗の写真を見せてもらうと、そこに写っていたのは有希江(稲森いずみ)のカフェ。一方、有希江はオーナー会社から店を譲渡契約してもらうはずが、退去を命じられたことをまどか(吉田羊)に相談し――という展開となった。

 前作との相違点でたびたび物議を醸していた本作だが、第7話については絶賛の声が集まった。

 「今話では、桑野の仕事と、有希江のピンチが偶然繋がっていたという展開でしたが、もちろん桑野は最初はそれを知らずに仕事を受け、事態が発覚後、まどかに責められるシーンがありました。しかし、その後桑野は自分なりに動き、大島が不正をしていることを突き止め、会社に匿名で通報。大島はクビになり、有希江は無事店を譲渡してもらうことに。しかし、桑野は自身の手柄であることは吹聴せず、暗躍して店のピンチを救った形に。視聴者からは、『こういうところ格好いい!』『自慢しないところがさすがだと思う』といった絶賛が寄せられました」(芸能ライター)

 自身の手柄を自慢しないという点は、実は前作でもたびたび見られたという。

 「前作の『結婚できない男』(同)では、みちる(国仲涼子)をストーカーから救ったり、犬のケンがいなくなったときは必死で探し、ためらわず池にも入っていくシーンもありました。人を助けてもその人に恩を着せることは全くなく、桑野の意外な男気は視聴者からもポイントが高かった点。続編になってからは、いいようにしか使われていないという印象も強かったことから、『本当の桑野さんが戻ってきた感ある!』『さりげなくピンチを救ってくれるところ、前作っぽい』と、前作ファンからも好意的な声が集まっていました」(同)

 前作との共通点を楽しんでいる視聴者たち。今後もそういった視聴者の声に応えてくれるだろうか――。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る