search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ジャニー喜多川氏の病状、なぜ嵐が発表した? 「リアルな病状ではない」の噂も

ジャニー喜多川氏の病状、なぜ嵐が発表した? 「リアルな病状ではない」の噂も

pic pic

画像はイメージです

 6月18日にジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が都内の病院に緊急搬送された件で、同社は「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」で入院していることを7月1日に公表。嵐の5人がイベントの会見を前に報道陣に対応したことを、各メディアが報じた。

 報道によると、ジャニー氏は6月18日午前11時半ごろ、体調の異変を訴え、救急搬送。嵐の5人は翌19日にジャニー氏を見舞ったという。入院後、週刊誌報道が過熱。ネット上では“死亡説”も含め、さまざまな憶測が飛び交う事態となっていることから、事務所側が正式に入院の事実を認め、病名を公表する形となったというのだ。

 松本潤は報道陣に対し、「今はジャニーさんが1日も早く元気に回復してくれることを祈っています。みなさまには今は静かに温かく見守っていただければと思っておりますので、何卒よろしくお願い致します」と“静観”を呼びかけたという。

 「まさか、ささやかれていた重大発表を嵐のイベントにぶつけてくるとは思わなかったが、会見に行ったらいきなりの発表。集まった報道陣に事務所からのコメントが配られ、情報解禁は横並びの午後3時に指定されたという。とはいえ、『リアルな病状ではないのでは』との声もある」(ワイドショー関係者)

 嵐を皮切りに、今後、生放送の番組やイベントなどで、続々と所属タレントたちが病床のジャニー氏に対してエールを送ることになりそうだが、今後の事務所の“指揮系統”が混乱することになりそうだというのだ。

 「基本、デビュー組は次期社長の藤島ジュリー景子氏、ジャニーズJr.は子会社社長の滝沢秀明が戦略を練ることになりそうだが、肝心のジャニー氏に相談することができない。そんな中、いまだに健在なメリー喜多川副社長があれこれ口を挟むようになれば、“指揮系統”が混乱してしまいそう。そうならないためにもジャニー氏の1日も早い現場復帰を望みたいところ」(テレビ局関係者)

 ジャニー氏が現場に不在の間をどう乗り切るかが、事務所の今後を左右しそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ