「なぜ起用するのか」広島・田中の不振にファンから不満噴出 原因は“あの記録”にあり?

スポーツ 2019年05月10日 11時30分

「なぜ起用するのか」広島・田中の不振にファンから不満噴出 原因は“あの記録”にあり?田中広輔

 広島の遊撃手・田中広輔への批判が噴出し始めた。

 田中は5月9日現在、セ・リーグの規定打席到達者35人中最下位となる打率.160を記録。本塁打も0本と長打も放てず、塁に出ていないこともあり盗塁もわずか2つと足でも貢献できていない。

 守備でも現在5失策を記録しており、1日の阪神戦では2失策を犯して敗れた要因の一つとなった。緒方監督は「イレギュラーしたんじゃないか」とかばうコメントをしたものの、痛いミスであることに変わりはない。

 走攻守で貢献できていない田中に関して、ネットでは「なぜ起用するのか」「もう我慢する段階はとっくに過ぎている!」「代わりに(29歳の田中より5歳若い)曽根を使ってほしい」「これだけ打てなかったらスタメンから外せ!(田中の)身長より打率低いぞ」などと、広島ファンから不満の声が挙がっている。

 しかし、緒方監督はなぜ田中を起用するのだろうか。野球ライターの1人はこう語る。

 「連続フルイニング出場の記録ですよ。田中は2016年から2018年の3年間全ての試合にフルイニング出場し、今季も記録を継続中です」

 この記録が続いているため、うかつに外せないというわけだ。しかし、それだと田中はいつまで起用され続けることになるのか。

 「かつて鳥谷敬が、遊撃手として667試合のフルイニング出場記録を出しました。現在(5月9日)603試合の記録を持つ田中はこの数字を意識しているようです。緒方監督も残り65試合は出場させて、記録を更新したいのでしょうね」(同ライター)

 あと65試合となると、今季の夏場以降まで起用しなければならない。不調の田中をそれまで使い続けるというのは、チームの順位を捨てることにもつながる。

 かつても元阪神の金本知憲氏が、肩の故障の影響で全くボールが投げられないにもかかわらず、起用され続けたことがあった。これも連続フルイニング出場の記録が懸かっていたために起きた事態だったが、案の定金本の守備は悪く、ファンから大きな批判を浴びた。

 この時は金本自ら「(スタメンから)外してください」と申し出て記録は途絶えたが、果たして田中の場合はどうなるだろうか。今後の成績とともに注目が集まる。

ピックアップ
スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る