『あなたの番です-反撃編-』、まったく“反撃”していない? 視聴率に反して不満が集まっているワケ

芸能ニュース 2019年08月19日 18時00分

『あなたの番です-反撃編-』、まったく“反撃”していない? 視聴率に反して不満が集まっているワケ田中圭

 日曜ドラマ『あなたの番です-反撃編-』(日本テレビ系)の第17話が18日に放送され、平均視聴率が11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったと各社が報じている。前回の10.2%からは0.8ポイントのアップとなり、自己最高視聴率を記録した。

 第17話は、翔太(田中圭)や二階堂(横浜流星)が一連の殺人事件の犯人と推測される内山(大内田悠平)の部屋を突き止めるも、ドアを開いた瞬間に仕掛けが作動し、内山の胸にダーツが刺さり死亡してしまう。パソコンからは動画が流れ、そこに映る内山が、交換殺人ゲーム以外の殺人を自分が行ったと告白。しかし、翔太と二階堂はそれが全て真実とは思えず――というストーリーだった。

 第1章こそ全話平均視聴率7.0%といまいち冴えない数字が続いていた本作だが、第2章に入った途端、視聴者から最も注目される作品に。とうとう最高視聴率を記録したが、ネット上での考察も盛り上がりを見せているという。

 「掲示板上では毎話終了後、視聴者がおのおの考察を書き込んでいるほか、いまでは解説動画をアップしているユーチューバーも多くいます。ネット上では、西野七瀬演じる黒島沙和真犯人説が根強く聞かれていますが、多くの伏線も残されている状態。2クール続く異例のミステリーですが、多くの視聴者はこの長い期間をかけて、謎解きを楽しんで視聴しているようです」(芸能ライター)

 しかし、第17話放送後はあるクレームも聞かれたという。

 「実はこの日の放送で、南(田中哲司)がかつて高知で娘を殺人で亡くしていることや、黒島、内山が高知出身であること、田宮(生瀬勝久)が銀行員時代に高知の支店にいたことなどが判明しました。作中では田宮が南の娘に接触していたことが匂わされており、事件のそもそものきっかけはどうやら数年前の高知にありそうなことが見えてきた。しかし、このことで視聴者からは『1章と全く関係ないところから原因持ってくるってどうなの?』『こんなの考察しようがない』『2章からの登場人物多すぎ。原因も犯人もマンション以外から出すってどうなの?』といった不満の声が殺到しています」(同)

 第2章には『反撃編』というサブタイトルが付いているものの、キャストが全く“反撃”していないことも視聴者の不満を刺激する一因となっている様子。「これ以上謎を大きくすると伏線を回収しきれなくなる」といった懸念も出ているが、果たしてどのようなラストを迎えるのだろうか――。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る