search
とじる
トップ > 芸能ニュース > そのうちジャニーズ事務所の看板になりそうな生田斗真

そのうちジャニーズ事務所の看板になりそうな生田斗真

 ジャニーズ事務所所属の俳優・生田斗真が主演する公開中の「土竜(モグラ)の唄」が話題を呼んでいる。

 生田は主人公の潜入捜査官役を演じているが、作品は生田が全裸で車のボンネット上に縛りつけられ、大の字になって絶叫するという衝撃的なシーンからスタート。「股間のところはチラシで隠しているだけで、角度によっては見えていたはず。ジャニーズがよくあそこまで脱ぐのをOKしたものだ」(映画ライター)。

 今年は秋に出演する、同じ事務所に所属する嵐の相葉雅紀の主演映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」も公開を控えているが、映画の仕事は10年公開作品からと映画歴は浅い。

 小学校6年の時にNHKの子供向け教育番組「天才てれびくん」とジャニーズオーディションに同時に合格し芸能界入り。芸能界入り翌年の97年に放送された同局の連続テレビ小説「あぐり」で俳優デビューした。

 00年代前半はテレビの仕事よりも、舞台を中心にこなししっかり演技力を磨いたが、まったくグループのメンバーとしてデビューする気配はなく、07年のフジテレビ系ドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」に出演し一気に注目度がアップした。

 ドラマの仕事をこなしながら、10年に「人間失格」で映画初出演で初主演。同年出演作「ハナミズキ」も公開され、いずれの作品でも好演が評価され「ブルーリボン賞」などの新人賞を受賞した。

 風間俊介とともに、ジャニーズでは異例のグループに所属せず、俳優として一本立ちしているが、「SMAP、嵐らもいずれ飽きられるだけに、看板タレントになる日は近い。また、長い目で見れば俳優として成長し、ジャニーズの稼ぎ頭になる可能性も」(芸能記者)

 そのうち、事務所の中で生田と同じ路線を目指す後輩が出てくることになりそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ