search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの中央競馬新馬セレクション(7/13中京)

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(7/13中京)

【今週の注目馬】

☆サマービート

 2019年7月13日(土)中京第5R芝1600m戦に出走予定のサマービート。馬名の由来は「夏の音。母名より連想」。牡、鹿毛、2017年2月15日生。栗東・藤原英昭厩舎。父ディープインパクト、母オータムメロディー、母父Kingmambo。生産は日高町・ダーレー・ジャパン・ファーム、馬主はゴドルフィン。全姉には12年エリザベス女王杯(GI)で3着に入ったピクシープリンセス(父ディープインパクト)や、半兄にダートで6勝を挙げたジョヴァンニ(父アドマイヤムーン)がいる。本馬はディープインパクト産駒らしい柔軟性があり、手先が軽くバネがある。脚長ではあるが、各パーツがしっかりとしており、バランスの取れた好馬体をしている。連動性が高く、頸から胴、後駆へロスの少ない力の伝わり方で、雄大なフットワークをしている。くりっとした目は気性の良さをうかがわせ、距離は2000m前後を得意としそうだ。なお、鞍上は福永祐一騎手。

☆ギルデッドミラー

 2019年7月13日(土)中京5R芝1600m戦に出走予定のギルデッドミラー。馬名の由来は「金色の鏡。本馬の血統より連想」。牝、鹿毛、2017年2月19日生。栗東・松永幹夫厩舎。父オルフェーヴル、母タイタンクイーン、母父Tiznow。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主はシルクレーシング。愛馬会法人・シルクホースクラブの募集馬で総額3500万円。半兄には18年鳴尾記念(GIII)を勝ったストロングタイタン(父Regal Ransom)がいる。本馬は牝馬らしい丸みのあるシルエットをしているが、筋肉量は豊富で如何にもパワーがありそうな体つき。特に太い頸差し、深く幅のある胸前は、この時期の牝馬にはなかなお目にかかれないもの。芝でもダートでも活躍できそうだ。血統的にも馬体的にも、キレよりも長く良い脚を使って勝負をするタイプだろう。なお、鞍上は川田将雅騎手。

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ