search
とじる
トップ > 社会 > サニーサイドアップ株は買いか

サニーサイドアップ株は買いか

 きょう28日、大証ヘラクレスへの上場が近づくPR会社「サニーサイドアップ」(本社・東京都渋谷区、次原悦子社長)の公募価格が決定する。元サッカー日本代表の中田英寿氏(31)や北京五輪で2冠2連覇に輝いた北島康介選手(25)らとマネージメント業務契約する注目企業だけにいくらの値をつけてくるのか…。「目論見書」における想定発行価格こそ1株2800円だが、証券市場の関心はが然、高まるばかりだ。

 来月5日、大証ヘラクレスに上場される「サニーサイドアップ」。初値も興味の的だが、その前の公募価格も注目の的。証券市場関係者の一部からは「北島の2冠を祝した、ご祝儀相場になるのではないか」と予想する声が早くも聞かれる。
 北島選手こそ保有株式数は800株、全体の0.11%の保有比率だが、中田英寿氏に至っては、5万2000株(保有比率は6.91%)を保有。目論見書の想定発行価格(1株2800円)から見積ると、時価総額は1億4560万円に上る。まさに大株主である。総資産80億円超ともいわれる中田氏の飛躍の歴史が、同時に「サニーサイドアップ」の躍進の歴史でもあったわけだ。
 「同社は85年に設立。次原悦子社長が97年に創業者の母親から引き継ぎ、社長に就任。98年、中田氏のイタリア移籍以降、積極的に海外進出を果たし、業績を伸ばした。中田氏の移籍ビジネスを始め、公式HP『nakata.net』などのイメージ戦略や大手菓子メーカ『東ハト』執行役員就任などのプロジェクトを成功させ、『中田ビジネス』だけでも年間10億円とも、15億円ともいわれる収益を達成したといわれます。昨年6月期も、資料によれば中田氏と北島選手のマネージメント収入だけで50億8600万円、全体の16.7%を占めていたほど。さらに今年から人気女子ゴルファーの上田桃子選手とも契約。メジャー制覇に一番近い存在だけに、さらなる業績アップが期待できる」(スポーツ紙文化社会部デスク)
 今年度6月期(連結)も、売上高67億8700万円、経常利益2億9800万円を見込む。
「この数字はすごい。本業はPR会社だけに、アスリートやスペシャリストなどを30人も抱えているというだけで芸能事務所と比較するのは難しいですが、単純に売上高だけを見ればトップ10に入るでしょう」(大手芸能プロ幹部)
 ただ、「買い材料」ばかりではなさそうだ。「中田人気」の陰りを不安視する声も聞こえてくる。
 「『旅人』だった中田氏が主宰した6月のドリームマッチは、『+1』(プラス・ワン)キャンペーンの一環として行われ、来場者は6万人を超えたが、視聴率、評判はイマイチ。キャンペーンの趣旨や収益に関する説明不足からファン離れを懸念する声もある。それ以降、中田氏は再び『旅人』となり、CM出演も途切れている状況。かつてのカリスマ・イメージの勢いはない」(前出・デスク)
 しかし、そんな不安材料を打ち消すのが大手広告代理店関係者だ。
 「中田氏より前に契約していた元サッカー日本代表の前園真聖氏のイメージ戦略では、短期間に5本のCMに出演させて露出過多となり、効果を上げられなかった。それからですね、アスリートの旬は短いが、稼げるときに稼ぐのではなく、じっくりと中期、長期的でイメージ戦略を練るようになったのは。中田氏、北島選手、上田選手ともに露出を控えることで価値を高める手法を取っている。契約本数は少ないが、契約金は相場よりも高額になる。したがって、現在の中田氏の動向もまた、戦略と観た方がいいのではないでしょうか。サニーサイドアップは次原社長の腹心も、切れ者の女性だけに、ユニークなイメージ戦略を再び企ててくるはずです」
 もちろん、国民栄誉賞候補といわれる北島選手もカギを握る。別の代理店関係者が北島人気を分析する。
 「あの涙が実に効いている。CMの契約金は好感度調査から『イチローに並ぶ1億円』まで、相場は上がってきている。あとは、北京五輪中に報道された『引退』が、どう株価に影響を与えるか。すぐに関係者から『スポンサーへ配慮して』と促されて、否定コメントを出し、ここにきて年内の引退はほぼ消えた。『現役続行であれば、国民栄誉賞辞退』という憶測が流れるが、世界屈指のアスリートとして16年東京五輪招致の最終プレゼンテーター候補にあがっている。ロンドン五輪では、あのサッカー界で最も名を知られるデビット・ベッカムが就任し、名誉とマネーを手にしたポジション。『サニーサイドアップ』は中田氏に続く『北島ビジネス』でさらなる急成長を遂げる可能性もある」
 最後にベテラン証券マンが慎重にこう話す。
 「ご祝儀相場となれば、1株3000円超えの可能性は高い。ただ、そこで一喜一憂するのは早計でしょう。この会社はあくまでPR会社。ビッグネームに踊らされずに、業績をしっかりチェックしたほうがいい」
 所属企業の株価にまで影響を及ぼしそうな北島。あなたは買う?買わない?

<サニーサイドアップ所属のアスリート・文化人>
朝日健太郎(ビーチバレー選手)
五十嵐亮太(プロ野球選手)
上田桃子(プロゴルファー)
大黒将志(サッカー選手)
北島康介(水泳選手)
杉山愛(テニス選手)
為末大(陸上競技者)
福島晃子(プロゴルファー)
大黒摩季(シンガー・ソングライター)
さかもと未明(漫画家)
高橋和(将棋棋士)
前園真聖(サッカー解説者)
中田英寿(元サッカー選手)
ビル・グレンジャー(料理店支配人)
小林尊(フードファイター)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ