search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ナイナイ岡村、アンタ復活漫才「もう1回10年休んだ方がいい」?『M-1』決勝も「意外な展開」と驚き

ナイナイ岡村、アンタ復活漫才「もう1回10年休んだ方がいい」?『M-1』決勝も「意外な展開」と驚き

pic pic

ナインティナイン・岡村隆史

 12月5日深夜放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)において、3日に収録が行われ8日に放送予定の『THE MANZAI 2019』(フジテレビ系)の内側が語られた。

 この番組の目玉と言えば、アンタッチャブルの10年ぶりの新作漫才披露であろう。岡村は「久しぶりにネタ見ましたけど、『10年ぶりにネタに挑戦です』と言うだけで、わーっと盛り上がりまして、もちろんネタも素晴らしかったんですけど、もう1回10年休んだ方がええんちゃうんくらいに、盛り上がりすごかったですね」とボケを挟みながら、収録の様子を話し、笑いを誘っていた。

 そして、岡村は「すごく楽しそうに漫才している感じがしました。10年間空いてしまった。何があったのかよくわかりませんけど、またこうやって10年経っても笑えるっていうのは、すごいなと思いました」と同じ芸人としての感慨を語った。

 一方、4日に発表された『M-1グランプリ2019』(テレビ朝日系)の決勝進出者については、「ちょっと意外な展開になったというか」と語り、和牛、ミキ、アインシュタインといった実力派のコンビが敗退した事実に驚いている様子だった。

 そして、決勝進出メンバーについては、ラジオ番組のイベントで共演したニューヨークに関し、「やるんですかね。ハプニングバーネタ」とイベントで披露されたネタを引き合いに笑いを誘っていた。ぺこぱは、今年放送された『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の「おもしろ荘」の優勝者である。「ぺこぱも“我らがぺこぱ”と言っていいと思うんですけど」と話し、インディアンスは岡村が関西でやっているレギュラー番組『おかべろ』(関西テレビ・フジテレビ系)の前説などをやっており、見取り図も岡村の関西ローカルレギュラー『なるみ・岡村の過ぎるTV』(朝日放送系)にロケレポーターなどで出演していると、それぞれの芸人との縁を丁寧に紹介しエールを向けていた。

 これを受け、ネット上では「アンタッチャブル復活はやっぱり芸人として嬉しいんだろうな」「やっぱり岡村さんも和牛落選驚いている風だな」といった声が聞かれた。岡村としても、年末の2つのお笑いコンテストに注目している様子だった。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ