search
とじる
トップ > 芸能ニュース > アンタッチャブル柴田、復活漫才を匂わせていた? 結成秘話も明かし、カジサックの動画にも注目

アンタッチャブル柴田、復活漫才を匂わせていた? 結成秘話も明かし、カジサックの動画にも注目

pic pic

アンタッチャブル・柴田英嗣

 アンタッチャブル・柴田英嗣が3日、キングコング・梶原雄太扮するYouTuberのカジサックのチャンネルに登場。先日『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)で約10年ぶりに漫才を披露したアンタッチャブルについて言及する一幕があった。

 今回、収録したのは11月11日で『脱力タイムズ』放送前のこと。偶然にもカジサックは「いつか2人で(コンビ活動を)やられる日は来るのかなっていう……」と質問していた。そんな後輩の問いに柴田は「あるんじゃない? 解散していないんだし」と返答。「(復活は)ありえるんですね?」との問いには「ありえる!」と答えていた。しかし、柴田は照れるように、山崎弘也と柴田ではないかもしれないと言い、「(山崎の相手は)俺の子どもかもしれない」とボケて、笑いを誘っていた。

 「柴田は、前のコンビ名が『シカゴマンゴ』で、相方の山崎弘也が『シカゴ』、柴田が『マンゴ』だったと明かしています。このコンビ名は彼らがやっていたラジオ番組名にも入っているので有名な話ですね。その後、アンタッチャブルに改名した経緯や養成所の余り者同士で組まされたことなどを回顧。柴田はもともとボケ志望だったものの、山崎と組んだことでツッコミを勉強したそうです。コンビ結成当時は、解散もあると思っていたものの、ライブで優勝して年間チャンピオンになり、現在に至るようですよ」(芸能ライター)

 最近、柴田は番組内でも山崎と「仲が良い」と言い続けていた。彼らの復活は柴田はもちろん、視聴者にとっても唐突なものだった。見逃し配信では、通常よりも多くの視聴数を稼ぎ出したという。

 「今回のサプライズは、カジサックにとっても幸運でした。まだ公開して間もないものの、話題性も相まって視聴数45万回を突破。アンタッチャブルの復活漫才後で、柴田の心境を訊ねる……なんて動画だったらさらにバズっていたでしょうね」(同上)

 アンタッチャブルの漫才は、8日放送の『THE MANZAI 2019』(同)で新作が披露されるとのこと。楽しみに放送を待ちたい。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ