search
とじる
トップ > 芸能ニュース > TOKIO・城島、今後のリサイタルはどうなる? 山口の契約解除発表日に女装で始球式

TOKIO・城島、今後のリサイタルはどうなる? 山口の契約解除発表日に女装で始球式

pic pic

画像はイメージです

 女子高生に対する強制わいせつ容疑で書類送検され無期限謹慎処分を受けたTOKIOのメンバー・山口達也がジャニーズ事務所からの契約解除を発表された6日、同グループのリーダー・城島茂が扮する新人女性歌手・島茂子が、神宮球場で行われたヤクルト‐広島戦で始球式を務めたことを、各スポーツ紙が報じている。

 公式サイトによると、島茂子は城島茂と同じ1970年11月17日、奈良県生まれの47歳。TOKIOの松岡昌宏主演のテレビ朝日系ドラマ「家政夫のミタゾノ」の主題歌「戯言(ざれごと)」(16日発売)で歌手デビューする。

 各紙によると、同曲の発売日にちなみ背番号「516」のユニホーム姿で登場。投球前、「ちょっと遅咲きの新人歌手でございます。野球経験はないんですが、お灸経験はありますんで、大事な始球式、頑張って投げたいと思っております」とダジャレを交えて意気込み。

 球団の人気マスコット・つば九郎とも絶妙な掛け合いで観客を沸かせ、肝心の投球は暴投となったが、場内は大いに盛り上がったというのだ。

 「この始球式から発売に向けて本格的にプロモーションを開始予定だったが、まさかの山口の事件発生。さすがに、城島とは別人格のキャラだが、始球式の前にはジャニー喜多川社長と話し合って山口の契約解除を決定。暴投はその影響かもしれないが、それを感じさせずに気丈に仕事をこなした」(芸能記者)

 公式サイトによると、発売後の18日には東京、19日には大阪、20日は兵庫でそれぞれデビュー曲発売記念のリサイタルを開催予定。イベントといえば、報道陣を呼び込んでの囲み取材が恒例となっているが…。

「報道陣は当たり前のようにジャニーズに忖度するので、城島と別人格の島に山口の件を聞くことはないだろう。何事もなかったかのようにプロモーションをこなせるだろう」(ワイドショー関係者)
 城島の胸中はかなり複雑なはずだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ