search
とじる
トップ > 社会 > 採用2日目の小学校教諭が電車内で女性の胸をお触り

採用2日目の小学校教諭が電車内で女性の胸をお触り

 教員に採用され、希望に胸を膨らませていたはずの新任教諭が、あろうことか、膨らませてしまったのは下半身だった。

 大阪府警港署は4月2日、電車内で女性の胸を触ったとして、府迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで、大阪市立神路小学校(同市東成区)の男性教諭(23=同市都島区)を現行犯逮捕した。教諭は「女性が眠っていたので触った」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、同日午前8時15分頃、同市此花区のJR大阪環状線・西九条駅付近を走行中の電車内で、右隣に座っていた同府枚方市の20代の女性会社員の左胸を触った疑い。

 同署によると、教諭は自宅近くの京橋駅からJR大阪環状線に乗車。途中の野田駅で空いた女性の左横の座席に座り、西九条駅を過ぎたあたりで、寝ていた女性の左胸を触った。教諭は弁天町駅で下車したが、女性が追い掛け、駅員に通報。駅員が教諭の身柄を確保し、駆けつけた警察官が現行犯逮捕した。

 大阪市教育委員会によると、教諭は前日1日、新任教員の発令式に参加したばかりで、同日は弁天町駅近くの市教育センターで行われる新任教員研修会に出席予定だった。赴任校では7日に入学式、8日に始業式が予定されていた。

 教諭は1度目の教員採用試験に落ちており、大学卒業後の昨夏、2度目の挑戦で合格した苦労人。3月までは、市内の小学校で講師を務めていた。

 市教委は「学校教育への信頼を著しく失墜させ、誠に遺憾です。深くお詫び申し上げます。事実関係を確認し、厳正に対処するとともに信頼回復に努めます」とコメントした。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ