search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 松岡修造「なんとなく見てちゃダメなんだ」前園真聖、小島瑠璃子「無茶ぶりに耐え抜く」

松岡修造「なんとなく見てちゃダメなんだ」前園真聖、小島瑠璃子「無茶ぶりに耐え抜く」

pic pic

松岡修造

 25日都内でP&G「ママの公式スポンサー」東京2020オリンピック観戦チケットキャンペーン発表会が開催され、スポーツキャスターの松岡修造、サッカー解説者の前園真聖、タレントの小島瑠璃子が出席した。「お母さんと大切なご家族で分かち合ってほしい」というP&Gから、オリンピックサッカー決勝の観戦チケットプレゼントが発表された。

 松岡は気合いを入れて、はかま姿で登場。2020年の東京オリンピックに向けて「灰になる」「すべての応援に対して、自分の思いを入れて、2年間やりますから」と覚悟を語る。司会者が「いよいよだなって」と言うと、松岡はすかさず「いよいよなんて、なんとなく見てちゃだめなんだ」「松岡修造みたいに、日本全国がならないと」と熱気のこもるコメントを残した。小島とP&Gのユニフォーム姿をした前園が登場すると、松岡は「オリンピックってどんなイメージですか」「なぜ勝てたんですか」と司会者をさえぎって矢継ぎ早に質問。松岡の勢いに、小島は「え?!」と驚き、前園は「急に何ですか」とたじろぎながら質問に答えてみせた。

 2020年の東京オリンピックのどこに期待するか聞かれると、前園は「子どもたちは目の前で世界一を見られる」「明確な目標や夢が見られる」「こんなチャンスはないと思います」と答えた。前園のコメントが終わるのを待たずに、「そんな冷静でどうするんですか」「もう2年後ですよ」「もっと熱くなってなきゃだめでしょ」と意気込む松岡。その勢いに圧倒された小島は「修造さんの無茶ぶりに耐え抜く」「私たちのミッションです」とコメント。松岡は「これが修造チャレンジ」と言い、会場に笑いを起こした。

 サッカーを頑張る親子3組が登場すると、松岡のインタビューが開始。「サッカー好き?」「どれくらいやってるの?」「サッカーのどこが好き?」と質問をたたみかけ、「もっと熱くなれよ」と子どもたちを励ました。

 前園と小島が子どもたちとのパス練習を披露した後、キックターゲットに挑戦。1人目の子ども代表選手、2人目の小島、どちらも1発でシュートを決めてみせた。前園の出番になると、松岡はサッカーボールの位置を遠ざけ難題を要求。前園は、2度シュートをはずしてしまう。その姿を見て松岡は「失敗はいくらだってしていい。でも、同じ失敗は繰り返すな!」と熱血指導。3度目で見事に的を打ち抜いた。「ミスしても大丈夫。失敗しても大丈夫。必ず夢はかなう」と松岡の力強いメッセージで、発表会は終了した。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ