search
とじる
トップ > 芸能ニュース > “たけしさんが好きで”所属していたオフィス北野を遂に退社 看板俳優を失い、危機的状況?

“たけしさんが好きで”所属していたオフィス北野を遂に退社 看板俳優を失い、危機的状況?

pic pic

ビートたけし

 俳優・寺島進が、所属する「オフィス北野」を今年11月末で退社し、12月1日付で、鈴木雅之や篠原涼子らが所属する芸能プロダクション「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」に移籍すると、一部スポーツ紙が報じている。

 オフィス北野と言えば、今年3月末にビートたけしの独立をめぐり、騒動が勃発。新体制となり、同社を去るスタッフが続出した。

 騒動の中、寺島は「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)のMCを務めるフリーアナウンサー・宮根誠司に電話を入れ、心境を告白。「たけしさんが好きでオフィス北野に入れてもらった。面談をしたのは森(昌行)社長。たけしさんとの関係性は今後も変わらない。ただ、入れてくれたのは森社長なので、森社長にも恩義がある」と、残留する意向であることを明かしたという。

 そんな中、「オフィス北野」の次期社長に就任すると宣言したのは、つまみ枝豆。師匠であるビートたけしが強力プッシュしているというが、一部報道によると、寺島は「つまみ枝豆が社長になるのなら、事務所を移籍する」と周囲に語っていたという。

 結局、寺島の移籍が決定したが、それを報じた一部スポーツ紙によると、マネジャーは、15人から5人(ベテラン1人、新人4人)にまで激減。人数から言って仕事を円滑に進めることが難しく、マネジメントができない状態だったとか。

 寺島はマネジメント業務が滞ったことから、退社を決意。5月下旬に、寺島がその旨を申し出て、森社長らと話し合いを進め、6月下旬に退社することが正式決定したというのだ。

 「稼ぎ頭で看板俳優の寺島の退社を受け、退社するタレントはほかにも出そう。枝豆が社長になった時には会社が存続危機に陥っている事態になりかねない」(芸能プロ関係者)

 寺島にとって苦渋の決断だったに違いない。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ