search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 映画で剛力彩芽と“同居”した少女漫画顔負けのイケメン・山崎賢人

映画で剛力彩芽と“同居”した少女漫画顔負けのイケメン・山崎賢人

 公開中の剛力彩芽主演映画「L・DK」で相手役を務めた俳優の山崎賢人が23日、剛力とともに舞台挨拶に登場すると会場のあちころから悲鳴のような黄色い大歓声があがり、山崎を出待ちしようと、映画そっちのけで劇場外に駆け出すファンの姿もあったという。

 今月20日に都内で行われた写真集発売記念握手会は即座に発券枚数2000人に達し、急きょ大阪でのイベントも決定。さらに、発売後約3週間で異例の重版も決定する人気ぶりだとか。

 ついにブレークした山崎だが、中学3年生のときに原宿竹下通りでスカウトされ芸能界入り。ティーン向けのローティーン向けのファッション誌「ピチレモン」メンズモデルとして活動し、誌上で行われた女装企画で投票結果1位を獲得するなど人気者となり、10年にドラマ「熱海の捜査官」(テレビ朝日)で俳優デビューした。

 その後、映画は「麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜」、「今日、恋をはじめます」、ドラマは「黒の女教師」、「35歳の高校生」などに出演。そして、今回、人気少女漫画を映画化した「L・DK」、そして、4月にスタートした嵐の二宮和也主演の「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」に出演。「映画の方は興収がふるわず、ドラマの方は視聴率が下がりつつあるが、少女漫画顔負けのイケメンである山崎は大ブレークを果たした」(女性誌記者)という。

 身長は178センチ、特技はサッカーのスポーツマンで今のところは完全にさわやかイケメンキャラだが、所属事務所の先輩俳優は市原隼人、山田孝之、柳楽優弥ら“ワルメン”ぞろい。「市原、山田、柳楽らのアクの強さを身につければ俳優としてひと皮むけそう」(映画関係者)というから、まだまだ俳優としての“伸び代”はたっぷりとありそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ