search
とじる
トップ > トレンド > レピッシュ・マグミの「音楽玉手箱」今週はこの1枚を聞け!<第173回>

レピッシュ・マグミの「音楽玉手箱」今週はこの1枚を聞け!<第173回>

 毎週金曜日に連載するレピッシュのマグミによるオススメCDを紹介する企画の第173回目。マグミがDJの際にいつも持ち歩く音楽玉手箱」(CDボックス)から、今週のオススメCDをピックアップしてもらった。

◇今週のこの1枚◇ザ・ベル・スターズ「Belle-Issima: Sweet Memories」(2004年/Edsel Records UK)

 2TONEレーベル、スペシャルズのジェリー・ダマーズに見出され、シングルを2枚残して解散した女性だけのバンド、ボディ・スナッチャーズのメンバーが中心になり結成されたのが、ザ・ベル・スターズです。

 オーディションなどでメンバーを補充し、またガールズバンドを作ります。skaのイメージはすっかり影を薄め、その頃のイギリスを象徴するように流行りの移り変わりが激しく、より雑多な音楽へとなりました。reggae、latin、calypso、funk、rapなど1曲1曲でカラーが違い、全体を通してソウルミュージックの影響を感じますね。書いてるだけで非常にワクワクするバンドです。それでいてカバー曲なども含まれているものの、どこを切ってもpopで面白い曲ばかりです。

 イアン・デューリーやエルビス・コステロを育てたスティッフ・レコードからデビューしているので、レーベルの先を読む戦略的なものが見えますね。このCDは長らくレコードだけだったものを20年振りに再発したものです。この時代のバンドは短命なので、こういったベストの形でCD化されると嬉しいですね。

 若い頃は、このアルバムの中の数曲でよく踊ってましたね。これは余談ですが、前身のボディ・スナッチャーズのライブを観たデボラ・ハリーが驚愕したらしいです。多分、ベル・スターズも踊れるサウンドなだけにものすごく楽しいライブをやっていたのではないでしょうか。

■マグミ オフィシャルウェブサイト http://magumi.jp/main.html
■ライブ日程はこちら http://npn.co.jp/newsrelease/detail/0352870/

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ