search
とじる
トップ > レジャー > 橋本千春の勝馬ピックアップ!(2/14) 共同通信杯、他

橋本千春の勝馬ピックアップ!(2/14) 共同通信杯、他

1回東京競馬6日目(2月14日日曜日)予想・橋本 千春

☆東京11R「共同通信杯」(芝1800メートル)
◎10ハートレー
○1スマートオーディン
▲2リスペクトアース
△6メートルダール、9イモータル
 新馬戦を快勝した返す刀で、ホープフルSを連勝。大物ぶりを見せつけたハートレーがここもアッサリ通過する。ビックリなのは、勝ち内容もさることながら『全体的に緩いところがあり、未完成』(手塚調教師)の状態でこのパフォーマンスだからだ。その分、ノビシロは大きいしプラスアルファは測り知れない。2000メートルで2連勝中だが、1800メートルも全く心配無用。まして広い東京コースなら実力を素直に信頼して大丈夫。当面の相手は、もう1頭の重賞ウィナー(東スポ杯2歳S)スマートオーディン。

☆東京10R「雲雀ステークス」(芝1400メートル)
◎8ロジチャリス
○11マリオーロ
▲3アンタラジー
△9ウインフェニックス、15カバーストーリー
 休み明け2戦目で上積みの大きい、ロジチャリスで今度こそ。その前走も、しぶとく3着(0秒3差)に粘った内容は実力の証し。562キロの大型だけに、中1週で使えることも間違いなくプラスに働く。休養前は重賞で好戦してきた実績があり、自己条件なら役者は一枚上の存在。ここまで、<2120>と、引き続き得意の東京コースなら期待できる。強敵は、全3勝を東京1400メートルで挙げているマリオーロ。

☆東京12Rサ4歳上1000万下・ダ1600メートル
◎13シュテルングランツ
○14ソルティコメント
▲7トゥルッリ
△8ビッグギグ、15クロフネビームス
 復調著しい実力馬の、シュテルングランツにチャンス到来。もともと、使われながら良くなるタイプで近走は2着、3着と毎回上位争いを演じている。完全に軌道に乗ったと判断でき、期待したい。実力的にも、休養前に千万特別を快勝している格上の存在。普通に走ってくれば結果は付いてくる。当面の相手は、全2勝を東京1600メートルで挙げているソルティコメント。前走から一転、好走条件が整い反撃が怖い。

☆京都11R「京都記念」(芝2200メートル)
◎9レーヴミストラル
○1ヤマカツエース
▲6タッチングスピーチ
△7サトノクラウン、10ワンアンドオンリー
 今年初戦の日経新春杯を圧勝(0秒3差)した、レーヴミストラル。「古馬になったら必ず走って来る」と、確信していた松田博調教師にとって会心の勝利だった。直線大外からメンバー最速の差し脚を爆発させ、ゴールを突き抜けた。緩かったトモが強くなり、格段にパワーアップした証しだ。日の出の勢いでここもアッサリ通過する。4歳馬ヤマカツエースが相手になる。重賞2連勝中と、充実ぶりは目を見張らせる。

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ