search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 肉体関係もあり? 『ワイドスクランブル』の「アイドルの闇営業」特集が物議 “売春では”の声も

肉体関係もあり? 『ワイドスクランブル』の「アイドルの闇営業」特集が物議 “売春では”の声も

pic pic

画像はイメージです

 7月10日に放送されたテレビ朝日系『大下容子ワイドスクランブル 第1部』にて、「現役アイドルの闇営業問題」が取り上げられ、物議を醸している。

 『ワイドスクランブル』では、吉本興業など相次いで発覚している「芸人による闇営業問題」に次ぐ事案として、現役アイドルによる闇営業を取り上げた。

 番組によると、近年のアイドル業界では「ギャラ飲み」(金銭を貰って女性が飲食を行う)が横行。ギャラ飲みは、ほとんどが事務所を通さない闇営業であり、同業のアイドルからの紹介で誘いが来るといい、与えられるギャラは最低1万〜3万円程度となるという。

 ギャラ飲みは、基本クローズドで行われる経営者や富裕層の飲み会で行われることが多く、その参加者の中には、吉本の問題のように反社会的勢力側の人間がいた可能性が高く、今後活動自粛に追いやられるアイドルが出てくるなど、新たな火種となる可能性が高いことが指摘されていた。

 ギャラ飲みが横行する背景には、売れないアイドルは、事務所からもらえるギャラが少ないため、積極的にギャラ飲みに参加。最近では、芸能事務所とは別に、アイドル達をギャラ飲みに派遣させる専門の会社などもあり、利用客と肉体関係を結んでしまうアイドルも少なくないという。

 アイドルを管理する芸能事務所は、ギャラ飲みの問題点を理解している一方、プライベートでの活動は芸能事務所も管理できないため、タレント個人に任せざるを得ないのだという。

 『ワイドスクランブル』でこの問題が報じられた直後、ネットでは「アイドル達のギャラ飲み問題」に対し、様々な声が投稿された。「吉本興業と同じようにタレントをしっかりと管理する必要があるのでは」という意見が大半な一方、「芸人が反社会的勢力に利用された闇営業問題と、アイドルのギャラ飲み問題は分けて考えるべきでは」との声も多く寄せられた。厳しいものとしては、「ギャラ飲みから発展する肉体関係は、芸能活動ではなく、ただの売春なのではないか?」「売春が事実ならば、芸能事務所は一刻も早く管理するか解雇するか決める必要があるのでは?」との声もあり、芸人の闇営業問題と貧困から体を売るアイドルの問題を一緒くたに紹介していた『ワイドスクランブル』の構成には、違和感を覚える声も多かったという。

 「若い女性」が多くいるだけに、芸人の世界以上に闇が深いとされる「アイドル界」。一口に「闇営業」といったところで、多種多様な問題を抱えていることが改めてクローズアップされた。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ