噂の深層 小宮悦子もリストラ危機

芸能ニュース 2009年10月13日 15時00分

 人気キャスター・滝川クリステル(32)がフジテレビ系「ニュースJAPAN」を突如降板した衝撃が収まらぬ中、テレビ業界は、さらなるリストラのウワサでいっぱいだ。不振にあえぐ業界が標的にするのはコスト高のベテランキャスター。中には、あの小宮悦子キャスター(51)の名前まで挙がっているという。

 本紙既報のように、滝川の降板は、ギャラをめぐるフジテレビとのケンカ別れだった。滝川は今年6月に報道局長に辞意を伝えていたが、一度は引き止められていた。しかし経営不振にあえぐテレビ業界のこと。結局、渡りに船とばかりに受理されたようだ。
 「滝川は、資生堂のCMの仕事が入っていたためにギャラアップを狙ったが、フジテレビは拒否した。中立が原則のニュースキャスターだから、局は特定の企業のCM出演を容認することができない。フジテレビと滝川サイドは決裂して、9月21日に降板を発表、25日に降板という電撃的な流れになったわけです」と、フジテレビ関係者。フジテレビとすれば滝川では視聴率も取れないし、これ幸いとばかり滝川を切ったらしい。
 フジテレビでは、さらなる大物キャスターのクビ切りもウワサされている。コスト削減のあおりは、どのアナにとっても“対岸の火”ではないのだ。

 その筆頭は「めざましテレビ」の大塚範一(61)だが、「とくダネ!」の小倉智昭(62)、そして「スーパーニュース」の安藤優子(50)らの名前も挙がっている。
 「大塚のギャラは年間1億円、小倉は3億円、安藤は2億円、合計で6億円と推測されます。彼らを切って局アナにすれば、タダになる。フジテレビの場合は、局アナの人材もそろっているし、制作費削減のためには最後に残った大物の首を取るしかない、というのが局の考え方です」と前出のフジテレビ関係者。
 業界一景気の良かったフジテレビでさえ、不況の荒波はすさまじい。スポット広告は売れず、ジリ貧状態が続いている。「経費削減だけが目的でなく、局アナを育てる方針が打ち出されている。そのためにも大物には去ってもらう必要があります」と、関係者は言葉を続ける。
 この傾向はもちろん、フジテレビだけではない。テレビ朝日では、「ワイドスクランブル」の大和田獏(51)に続いてウワサされているのが「Jチャンネル」の小宮悦子(51)というのだから、ビックリ。
 推定ギャラ1億円の小宮は、すでに51歳のベテラン。そろそろ後進に道を譲ることも選択肢のひとつかもしれない。その場合、後任は局アナの上山千穂(33)が有力といわれる。彼女はスタイルも良く美人で質素。「ニュースステーション」や「やじうまプラス」など、ニュース畑を歩いてきたため、ニュースの「読み」でも遜色(そんしょく)はない。局アナ起用を打ち出しているテレ朝とすれば、願ってもない人材だ。軽く1億円の経費が浮くことも見逃せない。
 テレビ業界不振の余波をモロに食らいそうなベテランキャスターらにとって、眠れない秋の夜長となりそうだ。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る