search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 元フジ・大島アナ、大手芸能プロ入りは“離婚への伏線”だった?

元フジ・大島アナ、大手芸能プロ入りは“離婚への伏線”だった?

 フィギュアスケート男子の2010年バンクーバー五輪代表で11年世界選手権銀メダリストの小塚崇彦氏と、妻の元フジテレビでフリーの大島由香里アナウンサーが別居していることを、一部スポーツ紙が報じている。

 2人は小塚氏が8位入賞を果たしたバンクーバー五輪が行われた10年に知り合い、16年2月に結婚。昨年4月に第1子の長女が誕生していた。

 記事によると、別居の原因は多忙によるすれ違いで、すでに離婚に向けた話し合いをしているという。関係修復は難しく、早ければ年内に離婚が成立する見込み。

 育児休暇を機に大島アナは生活拠点を小塚氏の地元である名古屋に移し、昨年末にはプライベートを充実させるためにフジを退社していた。

 大島アナといえば、今月1日に自身のブログを更新。女優の竹内結子や北川景子らが所属する芸能プロダクション・スターダストプロモーションに、同日から所属したことを報告していた。

 その際、「新しい環境で、さらにステップアップを目指し、これからも、育児と両立しながら強い意気をもってしっかりと、お仕事も頑張っていきたいと思います」と意気込みをつづっていた。

「大島アナといえば、一時期は夜のニュース番組のキャスターに起用されるなど、フジの報道のエース候補として活躍していた。そんな実力の持ち主だけに、退社はしたものの、『まだまだやれる』という思いは強かったのでは。大手芸能プロ入りは、『シングルマザーとしてバリバリ稼ぐ』という決意の表れだと思われるので離婚へ向けての意思は固そう」(芸能記者)

 おそらく、長女の親権は大島アナが持つことになりそう。来年は大島アナのテレビ番組への露出が一気に増えそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ