search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 番組の視聴者から思いっきり訴えられたみのもんた

番組の視聴者から思いっきり訴えられたみのもんた

 タレントのみのもんたが司会をつとめていた、「午後は○○おもいッきりテレビ」、「おもいッきりイイ!!テレビ」(ともに日本テレビ)で「水を飲もう」と勧め、それを実践して習慣化した千葉県の87歳の女性がうっ血性心不全などを発症。テレビで発言したみのに責任があるとして約6700万円の損害賠償を求めて提訴したことを10日発売の「東京スポーツ」がスクープした。

 同紙によると、みのは04年ごろから番組内で「お年寄りは脱水症状になりやすい。夜中に死んでしまう場合もある。毎日2リットルの水を飲みましょう」と呼び掛けたという。それを受け、女性が04年からそれを習慣化したところ、6年後の10年に体調不良を訴え、病院で検査を受けたところ、体内の水分量が心臓のポンプ機能の許容量を超え、心臓が水で膨れうっ血性心不全になってしまったという。さらに、水分を減らすと今度は腎不全を発症。その後も体調は回復せず、難聴や心不全も発症したため、女性の長男が「みのさんは医師に確認せずに間違った水の摂取をすすめた」として今年1月にみのを東京地裁に提訴。今月初めに第1回口頭弁論があり、次回は4月16日だという。

 「みのは辣腕弁護士をつけて法廷闘争しているというが、今回のケースで負けることはないだろう。訴えた方のクレームに近く、みのが全面勝訴することになりそうだが…」(芸能記者)

 みのといえば、おととし元日本テレビ社員の次男の不祥事で報道番組を降板。年収が大幅にダウンしていたが、現状では復帰を熱望している報道番組からお声がかかっていない。

 「昨年11月には芸能界重鎮たちのバックアップを受け、古希を祝う会を都内のホテルで大々的に開催したが、結局、そのバックアップを仕事につなげることができなかったようだ」(同)

 とはいえ、当面は、仕事よりも訴訟で頭がいっぱいに違いない。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ