search
とじる
トップ > 芸能ニュース > V6岡田准一と新婚生活中の宮崎あおい 看板女優なのになぜ事務所を移籍した?

V6岡田准一と新婚生活中の宮崎あおい 看板女優なのになぜ事務所を移籍した?

pic pic

宮崎あおい

 女優の宮崎あおいと多部未華子が所属事務所から移籍していたことを、発売中の「女性自身」(光文社)が報じている。

 これまで宮崎と多部は老舗芸能プロ「ヒラタオフィス」に所属。ともに同社の看板女優として活躍していた。

 同誌によると、同社は3月末に新社長が就任。そのタイミングに合わせるかのように、2人は長年、宮崎のマネジャーを務めていた女性が社長に就任した芸能プロ「ヒラタインターナショナル」に移籍してしまったというのだ。

 事務所名からして両社は系列で所在地も同じビル内。ところが、仕事の方針はかなり異なっており、特に宮崎は「ヒラタオフィス」の新社長のもとで仕事をすることに拒絶反応を示したという。

 その原因となったのが、05年公開の宮崎が主演を務めた映画「NANA」。宮崎はヒロインに共感できず、06年公開の続編への出演を拒否。それでも新社長が出演話を進めようとしたため、何度も対立していたというから穏やかではない。

「宮崎と中島美嘉が主演した第1作は興収40・3億円を記録。ところが、宮崎が演じた役は男にだらしなく、続編では妊娠させられてしまう設定だった。デビュー以来、清純派の役が多かった宮崎だけに、『こんなのは嫌!』と出演を拒否。続編は宮崎の役を市川由衣が務めたが、興収は12・5億円にとどまってしまった」(映画業界関係者)

 宮崎と多部が移籍してしまった「ヒラタオフィス」には、20年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主演に決定した長谷川博己や松岡茉優らが所属しているが、2人の移籍はかなりの痛手のはず。

 宮崎は昨年末にV6の岡田准一と結婚したが、仕事の環境も変え公私ともに充実しているに違いない。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ