今後に響く可能性も?横綱鶴竜が土俵上で見せてしまった“悪癖”

スポーツ 2018年03月16日 18時30分

今後に響く可能性も?横綱鶴竜が土俵上で見せてしまった“悪癖”画像はイメージです

 不安の残る白星となってしまった。

 白鵬・稀勢の里の欠場により、一人横綱として春場所に臨んでいる鶴竜。15日に行われた5日目の取組では平幕宝富士と対戦し、“結果的に”5勝目をマーク。同じく全勝の松鳳山・魁聖と共に優勝争いのトップに立っている。

 なぜ、“結果的に”という言葉を用いたか、それはこの日の鶴竜の相撲内容に理由がある。この一番では立ち合いからのど輪で圧力をかけ、一気に宝富士を土俵際まで追い込んだ鶴竜。この時点では、相撲内容は盤石といっても過言ではなかった。

 しかし、宝富士の上体が起き上がっていたこともあったのか、鶴竜はこのタイミングで引き技を選択してしまう。これに失敗した鶴竜は宝富士の逆襲を受け、最後は鶴竜が引きながら、そして、宝富士が鶴竜の足に手をかけながら同時に土俵外へ。際どい勝負になった一番には物言いがつけられた。

 物言いの結果、取り直しとなり命拾いした鶴竜は、その後の一番では宝富士を圧倒。なんとか5勝目に漕ぎつける結果となった。ただ、勝負所で引いてしまうという“悪癖”が顔を出したことで、鶴竜の今後に大きな不安が残ってしまったことは否めない。

 今回露呈したような引き癖は、先の初場所でも悪影響をもたらしている。この場所に自らの進退をかけていた鶴竜であったが、初日から10日目まで破竹の10連勝。引退はおろか、復活優勝も射程圏内という状況だった。

 しかし、迎えた11日目の玉鷲戦。鶴竜は不十分な体勢から引き技を出してしまい、あえなく土俵を割ってしまう。それまでは鳴りを潜めていた引き癖が出てしまった影響は大きく、鶴竜はその後の取組でも、思い出したかのように引き技を連発。その結果、11日目からまさかの4連敗を喫し、平幕栃ノ心に賜杯をさらわれてしまった。

 終盤の失速でケチがついてしまったが、初場所で11勝を挙げたことにより鶴竜の進退問題は一応消滅している。とはいえ、今後も“引き際”については考え続ける必要がありそうだ。

ピックアップ

子供がYouTubeに夢中なのは“リアルだから” 安東アナが語る「イッテQ」問題の根深さ
2018年11月14日 12時30分 [芸能ニュース]

スポーツ新着記事

「ザ・グレート・カブキ」全米を震撼させた“東洋の神秘”
2018年11月13日 22時03分

今年で18年目のプロ野球トライアウト 各球団の獲得人数は?
2018年11月13日 17時45分

ウラ巨人の星 ★松井秀喜が巨人監督「2年後内諾」
2018年11月13日 17時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る