search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 『はじこい』、急展開で視聴者から賛否 ファンが心配する『花晴れ』のトラウマとは?

『はじこい』、急展開で視聴者から賛否 ファンが心配する『花晴れ』のトラウマとは?

pic pic

中村倫也

 火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)の第8話が5日に放送され、平均視聴率が8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。第7話の7.8%から0.9ポイントアップとなった。

 3人のイケメンがそれぞれ順子に片思いし、その恋の行方に注目が集まっている本作。第8話では文科省に勤める匡平(横浜流星)の父が汚職に巻き込まれ、匡平は受験どころではなくなってしまう。順子(深田恭子)らはフォローに画策するが、実はその事件の原因となった吉川大臣(平泉成)は山下(中村倫也)の前妻の父親。山下は前妻と復縁し、政治家に転身することを条件に吉川大臣に罪を認めさせ、事件が匡平の父に飛び火することを防ぐ――という展開になった。

 原作者の持田あきもツイッター上で展開を実況。「今日はこれが観られたから向こう1ヶ月は不平不満を言わずにがんばります」と絶賛していた第9話だが、ライバル3人のうちから山下が順子と匡平のことを思い、脱落するという展開。視聴者からは「一番応援してたから辛い」「山下ロス!」という声が聞かれているが、一方ではある懸念もささやかれているという。

 「実は今回、視聴者の間では『花晴れみたいにならないで』『花晴れの悪夢がよみがえる』といった声が出ています。昨年4月期に放送された『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(同)ですが、最終回では音(杉咲花)をめぐるライバル同士だった晴(平野紫耀)と天馬(中川大志)のバトルで幕を閉じ、天馬が背中を押す形で音が晴に会いに行くというラストでした。しかし、ラストはなぜかふたりの空想に始終し、実際に会うシーンは放送されず。さらに音がこれまでについて『たくさん回り道をした』と振り返ったことで、『天馬くんとの時間は無駄だったってこと?』『消去法で相手を選ぶようなやり方どうなの?』などと不満が噴出しました。『花晴れ』と『はじこい』は視聴者層が重複していることもあり、“ライバルの自己犠牲の上に成り立つ恋”という共通点が『花晴れ』を連想させたようです」(ドラマライター)

 果たして順子が匡平か雅志を自ら選ぶことはあるのか。それとも自然にどちらかが脱落してしまうのか。後者の場合、視聴者からの不満の声は避けられないが、果たして――。

記事内の引用について
持田あき公式ツイッターより https://twitter.com/aki_mochida

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ