search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 山田孝之、“AV界の帝王”に 大手事務所にいながらも独自路線で突き進める理由は

山田孝之、“AV界の帝王”に 大手事務所にいながらも独自路線で突き進める理由は

pic pic

山田孝之

 俳優の山田孝之主演で制作が決定した、“AVの帝王”と呼ばれたAV監督・村西とおる氏の半生を描く、動画配信サービス・Netflixのオリジナルシリーズ「全裸監督」(2019年世界独占配信)の山田以外の出演者が先日、発表された。

 同作は、1980年代のバブル時代に“AVの帝王”と呼ばれた村西監督と仲間たちを中心に、村西監督と一癖も二癖もある人物たちとの攻防を、ユーモアたっぷりに描くという。

 主人公の村西監督は山田。新たなキャストとして、村西監督の相棒的存在役を満島真之介。村西監督が裏社会で躍進するきっかけを作る出版社社長・川田研二役を玉山鉄二が演じるというのだ。

 ほかに、柄本時生、伊藤沙莉、吉田鋼太郎、板尾創路、余貴美子、小雪、リリー・フランキー、國村隼、石橋凌ら地上波のドラマに負けないほどのキャストがそろった。

 「村西氏といえば、自らカメラを持ち、ブリーフ1枚で女優と絡むなど“ハメ撮り”の元祖として知られる。ネット配信だけに、山田はかなりギリギリを攻めたようで、村西監督になりきって際どすぎるシーンが盛りだくさんのようだ」(映画業界関係者)

 山田の所属事務所「スターダストプロモーション」といえば、かつては映画事業に力を入れていたが、1月クールの地上波連続ドラマでは、常盤貴子・北川景子・竹内結子が主演を務め、ほかのドラマも主要キャストで数多く出演。そんな流れの中、ここ数年、山田は独自路線を歩んでいる。

 「以前、稼いでいた時期に事務所が窮屈になり、独立をほのめかし引き留められたことがあった。以降、社長のお墨付きもあり、自分のやりたいようにやっていいことになった」(芸能プロ関係者)

 山田は楽しみながら仕事ができているようだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ