search
とじる
トップ > 社会 > 最高に稼げる『副業』とは?

最高に稼げる『副業』とは?

 日本経済は回復基調と言われるが、それはあくまでニュースの中のお話。まだまだ不景気真っ只中、毎月の小遣いさえままならないというのが、多くの読者の実感だろう。

 いくら仕事を頑張っても、会社の給料が突然上がることはない。手元の現金を増やす確実な方法といえば『副業』だが、最近話題の方法があるのをご存知だろうか。

 FX(外国為替証拠金取引)が脚光を浴びたのは、記憶に新しい。数万円という小額で始められ、当たれば数千万円も稼げる爆発力が魅力の投資だが、一方で負けた時は一瞬で資金がゼロになるリスクもあった。それを、この話題の方法においては、取引をすべてコンピューターに任せることで、リスクを極小化できるというのだ。

 そもそも投資で負ける原因のほとんどは、人間の誤った判断だといわれる。システムトレード、略してシストレと呼ばれるその方法では、過去の膨大なデータを元に“売買ロジック”が決定され、売りと買いを自動的に、細かく繰り返してくれる。機械が瞬時に判断するので、タイミングを逃すこともない。

 コツコツと小さな勝ちを積み重ねることで、確実に利益をもたらしてくれるのがシストレ最大の特徴だ。一晩で何千万円も稼ぐことはできないが、毎月数十万円、数百万円の利益を安定的に得ることができる。しかもコンピューター任せで良いので、パソコンや携帯とにらめっこする必要もない、まさに副業にうってつけの方法と言えるだろう。

 こうして見ると完璧に思えるシストレだが、もちろん弱点もある。売買ロジックの陳腐化である。トレンドの変化や突発的な事態に対応できず、いきなり勝てなくなることがあるという。ここでおすすめしたいのは、ライズワン社の「FONS(フォンス)https://www.rise-one.com/landing/ad/」だ。

 フォンスはAI(人工知能)を搭載しており、自動的に学習してロジックが進化するため、ソフトを買い換える必要がない。むしろ新たな局面を迎えるたびに強くなるという。事実、過去5年間にわたる発売前のテスト運用においては、リーマンショックを難なく乗り越え、年利平均80%以上という高い実績を残している。

 ソフトさえ持っていれば誰でも稼げる、というレベルに限りなく近づいているFX投資の世界。今後どこまでシストレソフトの精度が上がるのか、或いは当局によるソフト使用の規制が行われるのか、動向が注目される。

 尚、フォンスについては無料で資料請求ができるとのこと。FX及びシストレに興味のある方は取り寄せてみると良いだろう。https://www.rise-one.com/landing/ad/

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ