search
とじる
トップ > スポーツ > 楽天・則本はストレートや変化球だけじゃない!打者を翻弄する投球術って?

楽天・則本はストレートや変化球だけじゃない!打者を翻弄する投球術って?

pic pic

則本昂大

 1月30日に放送された『グッと!スポーツ』(NHK)に楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大が出演し、打者を翻弄する投球術について語った。

 則本といえば、最速158キロのストレートと落差十分のフォークボールで、打者をねじ伏せる力強い投球をイメージする人が多いだろう。だが、番組では則本のボールの速さやキレではなく投球術を特集した。

 楽天球団のチーム戦略室戦略R&Dグループ・川井貴志氏は「リリースポイントを10cm前にすることが則本投手はできます」と手元からボールを離すポイントを意図的に10cm前にすることができるのだという。

 野球解説者の里崎智也氏は「『アッ』って思った時には、もう差し込まれちゃってるので、バッターは打ちに行くことが遅れちゃって、バットを出そうにも出せない」とリリースポイントを10cmずらすことで、バッターのタイミングもずらすことができ、かなり打ちづらくすることができるらしい。

 さらに、里崎氏は「フォームのバランスを崩さないように、微妙な誤差を作り上げるっていうのは並大抵ではないです。誰しもできることではない」と則本の投球術のレベルの高さに太鼓判を押した。

 スタジオでは、スピードワゴン・井戸田潤が「(打者の)どんな感じを見て(リリースポイントを)変えようって思うんですか?」と質問。

 則本は「1球前に投げた球に対する反応を見たり。イニングが進んでいけば、それまで3回4回対戦するわけなんで、相手バッターにもそれまでの配球が(頭に)あるじゃないですか?同じストレートでも違う球を投げればいい」と打者の雰囲気やその日の組み立てなどを参考情報として、臨機応変にリリースポイントを変えていくと語った。

 一級品のストレートと変化球を持っていながら、バッターのタイミングをずらすハイレベルな投球術もある則本。あれだけの三振を奪えるのも納得してしまう。投げる球だけではなく、リリースポイントにも注目すれば、則本昂大という投手のすごさがより感じられそうだ。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ