search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 有名人マジギレ事件簿(4)〜事故前夜、ノンスタ井上に激怒していた相方の熱い思い〜

有名人マジギレ事件簿(4)〜事故前夜、ノンスタ井上に激怒していた相方の熱い思い〜

 12月11日、お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介が乗用車の運転中、タクシーへの接触事故を起こし大きな話題となった。この事故を受け、井上は刑事処分の決定までは活動を自粛することを発表。そして相方である石田明は16日、公の場に姿を現し「これから一緒に許してもらえるように頑張っていこう。どれくらい時間がかかるかわからないけど、井上の人生は俺の人生でもあるから、また皆さんに笑っていただけるように頑張っていこう」と井上へのメッセージを報告し、注目を集めた。

 そんな石田は事故の前夜、バラエティ番組「ウーマンラッシュアワー村本大輔の土曜The NIGHT」(AbemaTV)に出演していた。番組にはMCの村本の他に、ナイツ・塙宣之や、スーパーマラドーナ・武智が出演し、漫才などに関する熱いトークを展開。その番組の中で、出演者それぞれの相方に対する不満が飛び交う流れとなったのだが、特にヒートアップしていたのが石田だったという。

 「石田は『(ノンスタイルは)劇場が一番面白いと言いたい。劇場に見に来てくださいとハッキリ言いたい。今、言われへん自分が歯がゆい』と語り、相方の井上が漫才でやる気を出さないことを嘆きました。すると他の芸人たちからも井上へのダメ出しが連発。村本は『あの相方だったら解散してる』と語ると、向かいに座っていた武智は『わかる!』と同意し、井上の舞台上での声の小ささに苦言を呈しました」(テレビ誌記者)

 さらにナイツ塙も「完全にタレントとして漫才やってるみたいになっちゃってるもんな」と続いた。しかし一番怒りを秘めていたのは、他でもないコンビを組んでいる石田である。彼によると、ノンスタイルのスケジュールが過密となった時期、劇場まで走らなければ間に合わない状況があったという。その際、石田は全力で走り、舞台上へ向かったにもかかわらず、井上は頭をかきながらゆっくりと客の前に登場。さらに漫才に関してもダラダラとやる気のなさそうに続けていたと話した。

 そのエピソードを石田は、レストランの例え話を交えながら「なんやこれは……。店長が予約を取りすぎて厨房がてんやわんやよ。ほんならその厨房は適当に料理作って、それをホールのやつが不機嫌に提供してるみたいなもんや。それをウチの相方はやってしまってんのかと思って。もう、アカン!」と真剣な表情で沸々と怒りを見せたのである。石田は自身でネタを作り、自分たちをここまで引き上げてくれた漫才を心から愛している。だからこそ、テレビ以外ではやる気を見せない井上の態度に大きな不満を持っていた。

 そしてこの放送が終了した夜、井上は事故を起こす。石田は謝罪会見にて「僕たちの一番いいパフォーマンスは漫才だと思っているんで、また一緒にできるように、ゼロからのスタートのつもりで頑張っていきますので、応援のほどよろしくお願いします」と頭を下げ謝罪。その相方の様子が井上の目にどのように映ったのかはわからないが、今回の騒動が奇しくも、彼の漫才に対する意識を変えるキッカケとなったかもしれない。今後、2人の“ゼロからのスタート”に大きな注目が集まることとなりそうだ。

(柴田慕伊)

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ