search
とじる
トップ > 芸能ネタ > おぎやはぎ 電撃復活した極楽とんぼに感動「師匠と弟子」

おぎやはぎ 電撃復活した極楽とんぼに感動「師匠と弟子」

pic pic

極楽の共演で感動した矢作だが、号泣したことだけは否定した。

 9日深夜放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」で、おぎやはぎが極楽とんぼとの関係性を「師匠と弟子」と熱く語った。

 5日、お笑い芸人の加藤浩次は都内でライブを開催。そしてなんとライブには、山本圭壱が飛び入り参加。加藤と山本は9年ぶりに共演し、極楽とんぼが電撃復活した。ライブは大盛り上がりだったが、山本は真剣に「これから頑張っていきたいと思います」と頭を下げる場面もあった。山本は06年に未成年淫行騒動で芸能界を引退。今年1月に復帰ライブを行い、約8年半ぶりに活動を再開していた。

 ライブの現場にいたというおぎやはぎの2人。矢作兼も小木博明も極楽とんぼの共演に当然感動したようで、2人は涙を流したという。ラジオ番組内では、とにかく「最高だった」と振り返った。山本がライブの舞台に上がると、舞台袖には若手芸人が殺到し、極楽とんぼの掛け合いを勉強していたという。

 おぎやはぎと極楽とんぼの関係は親密で、20年前から単独ライブなどで共演。矢作は「知らない人も多いと思うけど極楽とんぼと俺たちの関係…もうね師匠みたいなもんだから」と語ると、小木は「弟子だよね」としみじみ。矢作も「弟子だよ弟子。師匠と弟子制度がないだけで、もう師匠なの」と興奮していた。

 さらに矢作は「極楽とんぼのライブを見て、『ああ、こうやって作るんだ』とか。お笑いの基本を学んだ人たちなんだよ」と説明した。

 今のおぎやはぎがあるのも、極楽とんぼのおかげといったところか。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ