search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 『とと姉ちゃん』の次女・相楽樹 部活帰りにストーカーされグーパンチされた

『とと姉ちゃん』の次女・相楽樹 部活帰りにストーカーされグーパンチされた

 映画『スリリングな日常』の完成披露試写会が21日、都内で行われ、金子ノブアキ・落合モトキ・相楽樹・加藤葵・藤田富ら主要キャストが登壇した。本作品は、都会の日常に潜むスリリングな出来事を描いていて、頃安祐良監督作「Qちゃん」、熊坂出監督作「不審者」、熊澤尚人監督作「忘れられる人」、豊島圭介監督作「あさのはなし」の4作品の構成オムニバス形式で紡いでいくミステリーである。

 この映画のタイトルにかけて、これまでの人生の中で一番スリリングだった出来事を聞かれると金子は「去年の夏に絶命寸前のセミが自分の肩に落ちてきてたんですよ。そこでそのセミが最後のひと鳴きをしてボクの肩で死んでいきました。なかなかスリリングでしたよ」と明かした。

 NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』の三姉妹の次女役で注目の相楽は「中学生の時の学校の部活帰りに、私の後をついてくる人がいたんですよ。その人に家を知られたくないので、いつもと違う道を通ったり小走りをしてみたりしましたけど、相手は自転車だったので、猛ダッシュで追いかけてくるんですよ。最後は私の背中をグーで叩いて逃げて行きました。恐くて涙が止まらなかったです」とスリリングどころか恐怖体験を明かした。

 続いて藤田は「仕事で朝5時くらいに家を出た時に、印象が暗くておかっぱでメガネをかけた恐い人が後ろから歩いて来るんですよ。すごく恐くてその人が自分を通り過ぎるのを待っていて、やっと通り過ぎてホッとして、その人はどんな人なのかパッと見たら南海キャンディーズの山ちゃんでした。持っているオーラが違いましたね(笑)」と最後は笑いを誘った。

 それぞれ出演者がスリリングなエピソードを聞かせてくれたが、映画もかなりスリリングに仕上がっているので、こちらもしっかりと楽しめる。なお今作品は6月25日よりユーロスペースほかで全国で公開が予定されている。 

撮影:名鹿祥史

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ