search
とじる
トップ > 芸能ネタ > SMAP解散危機で気になる残りの二人の動向

SMAP解散危機で気になる残りの二人の動向

 今年1月に解散騒動が勃発したジャニーズの人気グループ、SMAP。ファンクラブ向けの会報内で解散を否定はしたものの、芸能界の事情通の間では、「まったく予断を許す状況ではない」との見方が大勢だ。今でも契約更新時期の“9月危機”が一部で騒がれている。SMAPの内部事情でいえば、キムタクが所属事務所派。その逆の派閥がリーダーの中居正広と香取慎吾。見えてこないのが、残りの草なぎ剛と稲垣吾郎の動向だ。

 草なぎ剛といえば、香取慎吾と兄弟のように親しい仲であった。芸能界では交友関係が極端に狭い香取の唯一といっていいほどの仲である。しかし、草なぎの飲酒騒動から距離を置いているとも言われ、最近の実際の仲はさほどではないとも言われている。草なぎについて考えるならば、6月30日発売の「女性セブン」で熱愛報道が飛び出している。結婚までゴールインする可能性もあるため、安定を求める希望もあり、離脱する可能性は低いとも考えられる。

 一方の稲垣吾郎の動向はさらにナゾだ。そもそも、最初からグループのメンバーから距離を置きマイペースな性格。今回の騒動ものらりくらりとさほど気にしていないとも伝えられている。ただ、仕事面で考えると残りの4人よりも厳しい状況であるのは間違いない。やはり彼も現実的には安定を望むのではないか…。

 状況から考えて事務所に残ることが賢明とも思えるが、この二人は不祥事を起こした際に中居に大変な恩を感じており、その義理は確実にあるところが悩ましいところだ。

 9月危機でSMAPの解散はあるのか。その場合、抜けるのは誰で残るのは誰なのか。まだまだSMAPの動向から目が離せない。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ