search
とじる
トップ > レジャー > 「七変化のレース」 中京スポニチ賞 藤川京子の今日この頃

「七変化のレース」 中京スポニチ賞 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 1200m芝から始まり、昨年までの3年間はダートだったレースでしたが、今年は芝の2000mになりましたので、過去のデータはありません。単純に馬の比較をしていこうと思いますが、ハンデ戦なので、ハンデキャッパーが見る所によると、斤量を1番重くしたスクエアフォールドが1番強いと思っているようです。単純に実績だけではないと思うのですが、他の馬の斤量と見比べると少し可哀想な気もします。

 見た目には、調子を上げて来ているプレシャスブルーが末脚を使ってごぼう抜きが予想されるけれど、確かに、アロハリリーの持ち時計を比べると届かないのかもしれません。少頭数のハンデ戦で力が拮抗させられるレースですから、どの馬も勝ちに来ると思うので、大負け覚悟で行くと思うので、人気馬のうち何れかが最後に失速して来るかもしれません。

 そうなると、1頭だけ斤量が重く可哀想なスクエアフォールドだけ、勝ちを意識しないで走っていれば、前から落ちて来た馬を掬えるかもしれません。それと前で突き進む馬のレイリオンが気になりますが、人気馬がゴール前で力尽きる事も想定しました。また、ダートを多く走って来たスリーマキシマムですが、微妙に持ち時計は悪くありません。斤量も軽くなり、逆に踏ん張るかもしれないと思います。人気馬の失速を想定した馬券で勝負です。

ワイドBOX2、4、7
ワイドBOX2、1、5

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ