局部切り取られた男性遺体発見! 現代版阿部定事件発生か?

社会 2012年01月17日 11時45分

 男性にとっては身も凍る猟奇的事件が起きてしまった。1月16日、午前10時10分頃、東京都昭島市福島町2丁目のアパートの一室で、独身で一人暮らしの男性が血まみれで倒れているのを、訪ねてきた同僚男性が発見し、119番通報した。

 男性はタクシー運転手・矢口行さん(49)で、約1週間連絡が付かないことから、同僚が様子を見に来たところ、6畳の寝室のベッドで倒れていた。男性はすでに死後、数日経っており、首、胸、腹、下腹部に刃物による傷があり、局部は切り取られて、ベッド付近の床に落ちていた。

 死因は首の傷が原因の失血死とみられている。部屋は無施錠で、男性は衣類を身に着けていなかった。隣の4畳半の部屋で凶器とみられる血が付いた文化包丁が見つかっており、警視庁捜査1課は殺人事件とみて調べている。16日の時点で犯人は見つかっていないが、女性が犯人であれば、まさしく現代版阿部定事件だ。

 阿部定事件とは36年(昭和11年)5月18日に、仲居であった阿部定(当時30)が、東京市(現東京都)荒川区尾久の待合茶屋で、性交中に愛人の男性・石田吉蔵さん(当時42)を殺害し、局部を切断した事件。犯人の阿部定は逮捕されるまでの3日間、切り取った局部を持ち歩いていた。当時としては、とてもショッキングな事件で、後にこの事件をモチーフとした小説や映画も数々と発表された。76年に公開された「愛のコリーダ」(大島渚監督)や、「SADA〜戯作・阿部定の生涯」(98年=大林宣彦監督)は代表的な作品だ。

 現段階で犯人が女性と断定はできないが、いくらなんでも、こんな屈辱的な殺され方はされたくないだろう。とても、恐ろしい事件である。
(蔵元英二)

ピックアップ
社会新着記事

1993年3月「北九州監禁殺人事件」 希代の殺人鬼・松永太が生み出した“猟奇の極致"とは…
2019年01月20日 12時03分

名勝地「南紀白浜の三段壁」が“最凶スポット”といわれてしまう理由
2019年01月19日 19時03分

2013年7月「山口連続放火事件」 「最後の八つ墓村事件」の真相
2019年01月19日 12時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る