search
とじる
トップ > 芸能ニュース > コートニー・ラブ、娘からも非難される

コートニー・ラブ、娘からも非難される

 フランシス・ビーン・コバーンが、母親であるコートニー・ラブに『サカリのついた野蛮な猫』の烙印を押したらしい。
 フランシスは、故人である父カート・コバーンの財産を譲り受けることが出来る年齢になる18回目の誕生日の前日である18日水曜日に、ママ、コートニーからツイッターで怒りのメッセージを受け取ったのだった。
 先日までフランシス・ビーンへの接近禁止命令がおりていたコートニー、ツイッターで娘に家に戻るよう頼み、彼女が自分の元を去ったことで『人生がボロボロだ』と泣きをいれた。ゴシップブロガーのペレス・ヒルトンは、フランシスからのツイッターで母親に対して『人間の本質を見つける』よう勧める返信を見つけたらしい。
 引用された文章は『あなたの自分自身を愛する能力の無さに同情します。どこでもいいから自分の心を見つけてくれることをお祈りします。サカリのついた野蛮な猫みたいなフリをするのはこれまでに』
 このツイッターのアカウントは既に消されているが、Perezhilton.comは、これは本当にフランシスにより書かれたもので、以前にはここに自分のタトゥーの写真を投稿し、レディ・ガガについてのコメントもした言われている。

 フランシスは、父の遺産の40%を相続しており、それがどれだけの金額かが明らかにはなっていないが、カートの収入は、年間推定5500万ドル(約47億円)で、現在世界で最も稼いでいるこの世に既に実在しないミュージシャンである。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ