search
とじる
トップ > 芸能ニュース > TBS特番、過剰演出に「頭に来た」視聴者怒り? 2時間ネタを引っ張り、感動話にも「謝罪じゃすまないレベル」の指摘

TBS特番、過剰演出に「頭に来た」視聴者怒り? 2時間ネタを引っ張り、感動話にも「謝罪じゃすまないレベル」の指摘

pic pic

画像はイメージです

 20日放送の『ワールド極限ミステリー3時間SP』(TBS系)が荒れている。同番組は、世界で起きた事件にまつわるミステリーを紹介するバラエティ。同日の大ネタは「タイタニック号109年目の新真実」というものだったのだが、この“引っ張り具合”が「詐欺レベル」だと炎上したのだ。

 「オープニングから放送されていたのは、アニマル映像や、行方不明のペットを探す業者の実話を元にしたドラマでした。ところが、冒頭から35分経った時、『さらにこの後!タイタニック号沈没の原因は氷山への激突ではなかった』という衝撃的なナレーションが流れてCMへ。しかし、CM明けはまたしてもペット探偵の話でした。さらに、今度は45分過ぎのことです。先ほどと同じように、タイタニック号のネタを放送する前フリのナレーションが流れたのですが、画面のテロップに突然デカデカと『20時53分ごろから』という文字が出たのです」(芸能ライター)

 タイタニックのネタを楽しみに待っていた視聴者はSNS上で、『ウソだろ? 最初からアナウンスしろよ!』『僕も頭に来たからチャンネル変えました…』『8時53分からとか文字が出てあまりにもムカついたのでテレビ東京にした!』と怒りの投稿。しかし、そんな声もむなしく、番組は再び、動物ものをオンエアし続け、タイタニックが放送されたのは結局2時間後のことだった。

 >>佐藤健、謎解き番組でヤラセ疑惑? 親友・千鳥ノブも「答え聞いてないか!?」 問題となった場面は<<

 この視聴者を馬鹿にした演出にSNSでは、『今日のワールド極限ミステリーのタイトル詐欺具合ww 今のところワールドでも極限でもミステリーでもない』といったつぶやきも見られたが、その動物ネタでも波紋を呼ぶことになってしまったという。

 「マンホールに落ちてしまった子猫を、通りがかりの女性が、マンホールの中に入り助けるというドラマ。一見勇敢にも思えますが、SNS上ではこの行動に『硫化水素とかガスが発生してて危ない時もあるから覗き込んだり勝手に入ったりしない方が良い』『適当極まり無し!過去にどれほどの死亡事故が起きてるか調べて震えろ! 謝罪じゃすまないレベル』『いやコレマジで死ぬからな!! マンホールの中は酸欠状態かもしれないから入ったら死ぬ可能性あるからな!』など、いくら実話とは言え、この行動をあたかも推奨するような見せ方に多くの疑問が上がったのです」(同)

 この番組は以前にも、韓国ドラマ『愛の不時着』のモチーフになったと言われる実話を都合のいい様に歪曲して放送したり、『THE 突破ファイル』(日本テレビ系)を明らかに丸パクリして、しかも同じナレーターを起用するなどやりたい放題。番組に出演しているタレントも、イメージが悪くなるばかりだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ