search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 高橋ひかる、ステイホーム期間は料理とオンライン女子会 コロナ禍の生活語る

高橋ひかる、ステイホーム期間は料理とオンライン女子会 コロナ禍の生活語る

pic pic

高橋ひかる

 女優の高橋ひかるが16日、都内で開催された「ウェルちょ」オンライン発表会に元サッカー日本代表の中澤佑二と出席。コロナ禍の過ごし方などを語った。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 同サービスはモノやコトの消費を通して、ウェルネス活動をサポートする新サービス。冒頭、ステイホーム期間の自宅での生活について聞かれた高橋は「わたしは滋賀県出身。地方の食材を取り寄せてお料理をしたり、健康について色々と考えた料理作りを心がけていました。オンラインの宅配サービスもよく利用していました。あと、この期間にオンラインの女子会もよくしていました」と笑顔でコメント。

 その上で、「わたしと同世代の人は新生活をスタートさせたばかりの人が多い。でもコロナ禍でいいスタートを切れなかった人も多い。そういう人が心に傷を負ったり、なかなかうまくいけなかったりすることを目にすることも多く、そういう人たちにこそエールを送りたい」とメッセージを送った。

 中澤も「外食ができなかったので、テイクアウトのお弁当を食べまくりました」とコロナ禍は外出できないもどかしさを感じていた様子。だが一方で、「いろんなお店に詳しくなった」とメリットも感じていたとのこと。大変な時期ではあるが、元気をくれるのは子ども達だったとも述べ、「笑顔はいろんな人に元気を与えてくれる。そんな子ども達にエールを送りたい」と話していた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ