search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 霜降り明星粗品の怪演が話題、芸人の演技力は2タイプに分かれる?

霜降り明星粗品の怪演が話題、芸人の演技力は2タイプに分かれる?

pic pic

霜降り明星・粗品

 霜降り明星の粗品の演技力が話題だ。粗品は1月スタートの月9ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(フジテレビ系)に出演中だ。このドラマは2010年にスタートした人気シリーズで、今回は第4弾となる。粗品は新人のキャリア警察官である門田駿役を演じている。普段は冷静沈着ながら、取り調べの場面で絶叫する演技が話題となっている。

 粗品と言えば、相方のせいやから「スプーンに映った小栗旬」とツッコまれる通り、雰囲気イケメンなキャラではある。背も高くすらっとしており、もともと役者っぽさはあると言えるだろう。さらに、絶叫して個性派の演技をする芸人という点では、千原ジュニアも想起させる。ネット上では「最初は違和感あったんだけど、どんどんうまくなってきている」「本当に何でも器用にこなせる人って気がする」といった声が聞かれる。
 そつなく演技をこなすばかりではなく、ネタに同じく、粗品ワールドへの引き込みの要素もあると言えそうだ。

 昨年のNHK大河ドラマ『いだてん』などを担当した、演出家で映画監督の大根仁氏は「芸人さんは演技がめちゃくちゃできるか、まったくできないかのどちらか」に分かれるといった持論を語っている。
 このエピソードは、南海キャンディーズの山里亮太がラジオ番組『山里亮太不毛な議論』(TBSラジオ系)内で取り上げたものであり、山里の場合は後者だった。山里はあるドラマで、エレベーターのボタンを押すだけの演技を20カットくらい繰り返していたというから、よほど「ド下手」なのだろう。

 刑事系ドラマでは、昨年放送の『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系)におけるナイツの塙宣之の演技が、「大根すぎる」と話題になった。

 やはり、芸人の演技力は両極端に分かれるのかもしれない。今後、粗品がどこまで伸びて行くのかにも要注目といったところであろう。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ