search
とじる
トップ > レジャー > ハッシーの地方競馬セレクション(6/26)「第42回帝王賞(JpnI)」(大井)

ハッシーの地方競馬セレクション(6/26)「第42回帝王賞(JpnI)」(大井)

pic pic

画像はイメージです

 行きっぷりが本物ではなかった・・・。先週船橋競馬場でおこなわれた「第22回京成盃グランドマイラーズ(SIII)」。本命に推したクリスタルシルバーは、まずまずのスタートを切ると好位5,6番手あたりの位置を取る。向正面に入ったところで行きっぷりが悪くなり、追っ付けながらの追走。勝負どころになっても勢いが付かず、直線も伸びあぐねて8着に敗れました。本馬の実力を考えれば、このメンバーでこんなに負ける馬ではありません。

 さて、今週は「第42回帝王賞(JpnI)」が大井競馬場でおこなわれます。ゴールドドリーム、ルヴァンスレーヴは回避したものの、中央からはインティ、チュウワウィザード、オメガパフュームなどが、地方からはモジアナフレイバー、サウンドトゥルー、ノンコノユメ、スーパーステションなどが参戦し、豪華メンバーが揃いました。

 本命に推すのはインティです。前走のかしわ記念(JpnI)は、スタートの出があまり良くなく3番手からの競馬となり、道中は早めにオールブラッシュが上がって来たため動かざるを得ず、3コーナーでは早くも先頭に立ち押し切りを狙いましたが、じっくりと構えてインティをマークしていたゴールドドリームに交わされて2着。非常に厳しい競馬となったものの、それでも勝ち馬から0秒2差、3着馬には0秒4差を付けており、負けて強しの競馬でした。今回は初の2000m戦となりますが、7勝中5勝は1800m戦でのもので、2000mは守備範囲でしょう。ゴールドドリーム、ルヴァンスレーヴがいない今回は負けられません。

 相手本線はチュウワウィザード。これまで11戦していますが、7勝2着2回3着2回と複勝圏を外しておらず、ここ2戦はダイオライト記念(JpnII)、平安S(GIII)と重賞を連勝中。インティに負けず劣らずの勢いがある本馬。直接対決となった3走前の東海S(GII)では、0秒3差を付けられての完敗でしたが、2000mの適性という意味では、血統、馬体の造りからこちらに分があると見ます。まだ4歳と伸び盛り、インティを負かすとすれば本馬でしょう。

 ▲はレーン騎手が手綱を取るオメガパフューム。

 以下、ミツバ、モジアナフレイバーまで。

◎(11)インティ
○(1)チュウワウィザード
▲(5)オメガパフューム
△(10)ミツバ
△(3)モジアナフレイバー

買い目
【馬単】4点
(11)⇔(1)(5)
【3連複2頭軸流し】3点
(1)(11)−(3)(5)(10)
【3連単フォーメーション】9点
(11)→(1)(5)→(1)(3)(5)(10)
(1)→(11)→(3)(5)(10)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ