search
とじる
トップ > アイドル > 「履歴書送って2日でジャニーさんから電話」三宅健、事務所入りのきっかけを語る

「履歴書送って2日でジャニーさんから電話」三宅健、事務所入りのきっかけを語る

pic pic

画像はイメージです

 2月14日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)にV6の三宅健が登場した。この日の放送では「ドン底からの脱出劇! スターV字回復」として、出演者の紆余曲折が語られた。

 三宅は2016年に行われた「滝沢歌舞伎」で公演3日目に足を骨折するも、残りの46公演を骨が折れた状態でこなした。これが芸能人生のどん底からのV字回復のきっかけとなった。

 そもそものきっかけとして、三宅がジャニーズ事務所入りの経緯を「おばさんが履歴書を送って……」と話し始めると、ダウンタウンの松本人志が「知らへんおばさんの?」とボケて笑いを誘っていた。実際は身内のおばさんが履歴書を送ったもの。これにはネット上では「身内が勝手に履歴書送るって本当にあるんだな」「ジャニーズには多いと聞くけど三宅もそのパターンだったのか」といった声が聞かれた。

 履歴書を送って2日くらいしてジャニーさんから直々に電話がかかってきた。「SMAPのコンサートがあるから観においでよ」と誘われて向かうと、その日の私服のまま取材を2本くらいやって、SMAPのコンサートでは「中居くんのバラードでまわりにたたずむ少年役」をこなしたという。単なる見学ではなく、そのまま仕事をこなしてしまったのだ。三宅は「なんとなくオーディションないまま入っちゃって……」と、事務所入りの経緯を話していた。

 ネット上では「ジャニーさんって履歴書だけで決めているって都市伝説はマジだったのか」「のちに三宅が大成するのも見抜いていたのかな」といった驚きの声が聞かれた。やはり、長く活躍する人間は、新人時代から「只者ではなかった」のかもしれない。

関連記事


アイドル→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ