search
とじる
トップ > 社会 > 神戸公安調査事務所長が勤務時間中にネットで株取引 2年間で300回

神戸公安調査事務所長が勤務時間中にネットで株取引 2年間で300回

 勤務時間中にインターネットで株取引を行ったとして、公安調査庁は昨年12月25日、神戸公安調査事務所の男性所長(54)を停職1カ月の懲戒処分にした。所長は同日付で、依願退職した。

 また、監督責任があったとして、所管する近畿公安調査局の前局長(59)と現局長(60)を同日付で厳重注意とした。

 公安庁によると、所長は13年1月から昨年12月にかけて、所長室で公務用パソコンや自身のスマートフォンで、勤務時間中に約300回にわたって株取引をし、国家公務員法(職務専念義務、信用失墜行為の禁止)に違反したとされる。

 ただ、取引した株の銘柄に、同事務所と業務上の関係がある企業はなかったという。

 昨年11月、同庁人事課に「所長が不適切な行為をしている」という情報が入り、内部調査していた。

 所長は勤務時間中の株取引を認めており、「財テクとしてやった。1回で100万円ぐらいの取引をしていた」と話している。

 同庁は「服務規律の順守、倫理保持に対する職員の意識改革のための指導を徹底します」としている。

 同庁は破壊活動防止法、無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律に基づき,公共の安全の確保を図ることを任務としている。

 所長室という密室があったからこその不祥事であろうが、国民の安全を守るべき公安調査事務所のトップが、勤務時間中に仕事をサボって株取引をしていたのでは、示しがつかない。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ