search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 「朝鮮半島と日本が戦争」みのもんたの歴史誤認が炎上 ネットでは「豊臣秀吉の時代?」の声

「朝鮮半島と日本が戦争」みのもんたの歴史誤認が炎上 ネットでは「豊臣秀吉の時代?」の声

pic pic

みのもんた

 10日放送された『みのもんたのよるバズ!』(Abema TV)でのMCみのもんたの発言が、ネット上で波紋を呼んでいる。

 10日の放送では、元駐韓大使・武藤正敏氏や自民党の松川るい参議院議員らを迎え、前半は「日韓また火種!徴用工問題で国際司法裁判所提訴へ」というテーマが展開。その中で、みのは「僕なんかは正直に思うんだけど、朝鮮半島と日本が戦争したということは、これは事実だからね」と発言。武藤氏と松川氏が戸惑ったように「していないですよ」とツッコむも、みのは「まあでも戦争ですよね」と発言を撤回せず。松川氏から「戦争はしてないです。戦争したことにしたいのは韓国の方ですけど、日本と韓国が戦った事は一回もありません」と修正が入るも、「ちょっとおかしいと思うのは、朝鮮半島を植民地にして日本が統治した」と間違った歴史認識を披露していた。

 放送後、ネットからは「どこの歴史なんだよ!」「こんなデタラメ言っちゃだめでしょ。発言に責任持ってほしい」「戦争してないし、植民地ですらない。無理がある」といったツッコミが殺到。一方では、番組内でたびたび、みのが豊臣秀吉の名前を出していたことから「もしかして豊臣秀吉の朝鮮出兵の話してる…?」「豊臣秀吉時代の話だったとしても戦争じゃなくて戦(いくさ)だろうし」といった戸惑いの声も聞かれていた。

 韓国を巡っては、徴用工訴訟をめぐる判決が日韓の溝をかつてないほど深めているほか、防弾少年団(BTS)のメンバーが原爆の写真がプリントされたTシャツやブルゾンを着用していたとして問題に。『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の出演が取りやめになるなどの事態に発展している。

 しかし、日本と朝鮮半島が戦争をしたのは1590年代の文禄・慶長の役以来なく、1910年の日韓併合で韓国が日本の領土になったことはあっても植民地にしたという事実はない。ネット上には「こういうデタラメがさらに嫌韓を煽る」という指摘も多々見受けられた。

 番組内でみのが自身の発言を訂正することはなかったが、間違った認識が広まるようなことがないよう願う。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ