search
とじる
トップ > 社会 > 空き缶のポイ捨てを子供に注意され滅多打ちにした62歳男【キレる高齢者事件簿】

空き缶のポイ捨てを子供に注意され滅多打ちにした62歳男【キレる高齢者事件簿】

pic pic

画像はイメージです

 「孤独な高齢者」による犯罪が社会問題化している。昭和の時代、高齢者は心が広くおおらかで、誰からも尊敬される存在で、近所の子供を教育することも多かった。

 しかし、昨今は暴走する者が多く、若者よりキレやすいとの声もあるほど。さらに、子供にマナーを注意される高齢者もいる。その事に激怒し、暴力を振るい逮捕される者も、稀に存在する。

 そんなありえない事件が発生したのは2016年6月。当時62歳の男が、兵庫県西宮市の公園でビールを飲み、空き缶をポイ捨てした。それを見ていたのが、公園で遊んでいた小学校6年生の子供。

 「空き缶のポイ捨てはいけない」と教えられている子供たちは、62歳の男に注意を与える。自分の孫ほど年齢の離れた人に物申された男は逆上し、持っていたビニール傘で11歳と12歳の子供をそれぞれ滅多打ちにし、子供に約1週間の怪我を負わせた。

 現場から立ち去った男だが、その後被害を受けた男児が姿を発見し、110番通報。傷害の疑いで逮捕された。当時男は容疑を「やってない」と否認。誤認逮捕の可能性もあるが、その後の足取りは現在つかめていない。

 男のあまりにも怒りの沸点が低く、かつ自分の非を認めず子供に注意され激ギレする行為に、「自分勝手すぎる行動」「罪のない子供を殴るなんて許せない」など、ネットユーザーから怒りの声が挙がる。また、「そもそも公園で酒飲むな」「男が公園で酒飲んでる世の中が異常すぎる」との声も。いずれにしても、男の行動に理解を示す人は少なかった。

 今回は軽傷で済んだが、場合によっては殺人にも発展する可能性があった。怪我で済んだのは、不幸中の幸いかもしれない。

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ