【これじゃ売れない!】やっぱり売れてない? 歌手デビューしたIMALU(イマル)、2ndシングル“題名”の酷すぎ

トレンド 2010年03月20日 14時00分

 明石家さんまと大竹しのぶの娘でタレントのIMALU。独自のファッションセンスを生かした企業とのコラボレーションや、軽快なダンスを披露したCM、当たり障りの無いトークぶりで、わりと順調な芸能活動を続けている。そのIMALUが、マルチな才能を生かして歌手デビュー。既に3月3日に発売されたのはセカンド・シングルなのだというが、あんまり売れてないらしい。思うに、この曲の題名に問題が無いだろうか。

 ファースト・シングル「Mashed Potato」も、セカンド・シングル『そんな名前 欲しくないよ』も、鈍い売れ行きで音楽活動をスタートをしたIMALU。一曲目の「マッシュドポテト」はよく知らないが、先日「うたばん」で『そんな名前 欲しくないよ』を歌う彼女を見た。歌も上手だし、声も悪く無い。だけどいかんせん『そんな名前 欲しくないよ』という、シャレにならない曲名に、壮絶なIMALUの半生を感じずにはいられなかった。

 2才の時から別々に暮らしている父・明石家さんまは、何かにつけてお気に入りの娘の名前・IMALUの由来を持ち出す。「生(イ)きてるだけで丸(マル)儲け」という、父がつけたステキな名前をもつIMALU。しかし、彼女が歌に乗せて返した言葉は『そんな名前 欲しくないよ』。痛すぎる親子の溝を感じずにはいられない。

 有名な名前をもったIMALUは、病院や学校で名前を呼ばれるたびに好奇な視線にさらされ、それは嫌な思いをしたという(さんま談)。愛子さまが感じたのと同じ種類の恐怖を感じ、いじめも受けたかもしれないIMALU。さらに両親の離婚、母の恋愛、すべての「家の事情」までも、日本中の人に知られているという、複雑な環境で育った。そんな彼女が、ここぞとばかりに今までの気持ちをぶつけた新曲『そんな名前 欲しくないよ』。いくらいい曲でもIMALUの怨念がたっぷりこもっていそうで、怖くて手が出せない。なんともかわいそうな気がするのだ。

 とんねるずの石橋貴明と前妻の娘穂のかは、「まだ父を全部は許せない」と、はっきり自分の気持ちを告白した。まだ明るい。だから、現在の父の妻(鈴木保奈美)と同じ世界にぶつかっていけるのだろう。いつもしっかりして妙に大人っぽいIMALUは、まだ父や母との間にある感情に整理がついてない模様。一生懸命やっているのだが、なんとなく地に足も着いてない。素質もいい、努力もしている。でもヒットさせたいならまず、自分が歌う事をもっと楽しまなきゃ、話はそれからだ。(コアラみどり)

ピックアップ
トレンド新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る