『貴景勝』大関復帰なるも“元貴乃花恋し”に霞む千賀ノ浦親方

スポーツ 週刊実話 2019年09月20日 22時03分

『貴景勝』大関復帰なるも“元貴乃花恋し”に霞む千賀ノ浦親方提供:週刊実話

 大相撲秋場所(東京・両国国技館)だが、白鵬、鶴竜休場で、今年の初場所以来の横綱全滅となった。

 「場所前の稽古で右手の小指を骨折していた白鵬は、初日の北勝富士戦に敗れ、2日目から休場してしまいました。場所前に日本国籍を取得するなど、引退に向けての準備も加速させていますから、いよいよ現役最晩年という感じです。鶴竜は序盤に4連勝したが、5日目から3日連続で金星を献上し、たまらず休場。こちらも明らかにピークをすぎています」(担当記者)

 今場所前半、土俵を支えたのは、右ひざのけがで史上最短の2場所で大関から陥落したばかりの貴景勝(23)だ。今場所から場所入りの際は黒の染め抜きを着用。背中には上杉謙信の軍旗「龍」の字を入れた。

 今場所で10勝以上すると大関に復帰できるとあって、初日から5連勝。NHKやスポーツ新聞は、まるで優勝でもしたかのような大騒ぎだった。

 これに拍車をかけたのが、貴景勝の強気一辺倒、聞きようによっては「人を食ったような発言」。5日目に北勝富士を土俵際で突き落として逆転勝ちすると、ニコリともせずにこう答えた。

 「(相撲内容は)いいといえばいい、悪いといえば悪い。勝ったからといって、このぐらいで喜んではいられない」

 問題は終盤。なにしろ場所前、関取と稽古したのはたった3日間、15番だけ。これでは後半の動きやスタミナに不安が残る。

 実際、貴景勝は6日目と7日目に連敗を喫し、「まだまだ自分は弱い」と珍しくため息をついていた。

 「それより心配なのは、師匠との関係ですよ。貴景勝はいまだに元貴乃花親方の弟子気分。先場所前の大関昇進パーティーのご祝儀、2700万円を部屋に渡さずに持ち帰ったように、師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)と打ち解けていません。今のような大事な時ほど、師匠の支えや部屋のバックアップが必要になるはずなんですが…」(一門関係者)

 貴景勝は、今場所何とか大関復帰の条件の10勝をクリアしたが、苦手とする高安、御嶽海、栃煌山など難敵がこれからも大関潰しにかかってくる。

ピックアップ
スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る