高城氏 ブログでマスクマンを批判

芸能ニュース 2009年05月20日 15時00分

高城氏 ブログでマスクマンを批判

 大阪・神戸を中心に日本国内で感染者が急増している新型インフルエンザ。今年1月に女優の沢尻エリカ(23)と結婚したハイパーメディアクリエイターの高城剛氏(44)がこの件に関して自身のブログ上で、日本人の海外でのマスク姿を批判的に語っている。賛否両論あるだろうが、デリケートな問題だけに、沢尻の芸能活動復帰に向けてマイナスの影響が出る可能性もありそうだ。

 「同じことを思っている人もたくさんいるかもしれないが、もし政治家が高城氏のような発言をすればかなりの問題に発展するはず。日本にいないために、ストレートな言い方になったのだろう」(ワイドショー関係者)
 高城氏の問題のブログは5月11日に更新した「メディア・パンデミック」と題したタイトルのもの。世界最大規模の国際線ターミナルである英・ロンドンのヒースロー空港で撮影した写真を掲載してつづっている。
 高城氏はまず「昨今の話題のひとつは、豚インフルエンザだが」と切り出し、「このターミナルを見渡す限り、マスクしている人は、ほとんど見ない。そのマスクをしている人は、日本人だけ! 中国人や韓国人かと思って、わざわざそばに行って確認したので、間違いない」と断言。「同行のイギリス人とスペイン人の仕事仲間は、『いったい日本は、どれだけ豚インフルエンザの感染者がいるのだ?』と、とても心配されてしまった」と前置きした上で、「僕は彼らに説明する。日本の病気は、豚インフルエンザではなく、集団ヒステリーである、と。日本は、今後も素晴らしい可能性があるいい国だが、いまは精神的に不安定で弱い、と」と海外でも律儀にマスクをしている日本人について批判的に言及している。

 その後も、「国際空港ターミナルで、日本人だけマスクマン。その光景は、国際道徳に反するなどではなく、滑稽だ。礼儀的にもマスクはとった方がいい。つけてる人が患者のようで、周囲に不安を捲いているのを気がつかないのだろうか?」と問題提起しているのだが…。
 「全体を読むと、インフルの恐怖をあおった直後に、お笑いなどを流す日本のメディアを批判していることが分かる。ただ、ブログだからあまり騒ぎになっていないが、仮にこれと同じことを日本のテレビで言ったら抗議電話が殺到してとんでもないことになる」(同)
 高城氏の書き込みは、マスクで感染予防しようとする人々の神経を逆なでする“KY”ぶりとも言えそうだが、今後、少なからず沢尻の仕事に悪影響を与えそうだという。
 「ただでさえ、仕事のない沢尻だが、夫の高城氏のイメージとは切って離せないから、スポンサーは起用に慎重にならざるを得ない」(広告代理店関係者)
 今年7月には、鹿児島・奄美大島地方での皆既日食目当てで夫婦そろって帰国するというふたり。観光だけの帰国になりそうだが、ともかく沢尻の仕事復帰はまだ先となりそうだ。

ピックアップ
芸能ニュース新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る